« 2001年8月 | トップページ | 2001年10月 »

2001年9月

2001.09.30

MD探し

新宿の電気街に音響用のMDデッキを買いに行きました。
実は昨日の公演の稽古前に接触不良を発見。本番は別の端子を使って乗りきったのです。3年間働いてくれたのですが、買い換えですかね。
ところが、いくら歩いても探しても、目的に沿うデッキが見つからない。
以前はソニーのデッキが2万円台であったのに。
今は録音時間が長いMDLP機能搭載型がメインで3万円前後~。
しかも、オートポーズ機能という音響効果として欠かせない機能がはずされている!
高機能はいらんから、ボタンが押しやすくて、自動的にトラック毎に一時停止がかかる、持ち運びやすいプレーヤーが欲しい!
とりあえず、明日の所沢公演は他から借りて行います。
くう。全部モデルチェンジするなんて、意地悪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.29

筋肉痛。

秋公演の初日が終わりました。くたくた。
肘の裏側の筋肉が痛いです。3カ月ぶりですからね。
ミキサーとかアンプとか持つ腕がなまっていますよ。

今日は草加公演でしたので、おせんべいをいただきました。
次の所沢公演の楽屋でいただきます。
まずは、身体を伸ばしてからお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.24

おみやげ。


 北海道土産は北海道オリジナルキャラメル3点セット。
写真左より「流氷の天使クリオネクリームキャラメル」、「網走監獄から帰りました。ミルクキャラメル」、「網走監獄脱獄キャラメル(コーヒーブレンド)」。
脱獄は商品としてまずいんじゃないか、と思っていたら、味も………でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.22

充実の船旅。

 台風は途中でそれたようですね。
無事に帰宅しました。ちょっと揺れましたけどね。
フェリーの中では映画館で「カンゾー先生」と「ピンチランナー(モー娘。)」を観て、ゲームコーナーで「鉄拳2」をして、会議も2回、大浴場にも2回行きました。
そんなわけで、いつもより色々していた船中です。
外環からだいぶ道が渋滞していました。やっぱり東京は車も人も多いです。
とりあえず、この狭い道に車と人が行き交うのに慣れなくてはいけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.20

船に乗る。

今日の夕方、室蘭からフェリーに乗って、明日の夜中に帰京します。
秋の公演に向けて稽古が始まるのです。
埼玉、千葉、神奈川での公演の後、北海道公演が始まるのです。
ゆうべは自分の担当公演地で地元の主催者のみなさんとミーティング。
最後に
「次に来るときはいい舞台を持ってきます」
「うらべさんが安心できるように、チケット売りがんばります」
とエールを交換しました。
制作と舞台スタッフを兼ねているので、公演が始まると主催者にお任せになってしまいます。
その分、いい舞台をつくらなきゃ。

とりあえず、東京の住処に帰るのは6月以来です。
台風が近づいているって本当?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.19

秋の七草。


だんだん緑が赤みを帯びてきました。もうすぐ紅葉が始まりそうです。
秋の七草は、フジバカマとキキョウとナデシコがもう絶滅が危ぶまれているそうです。
むかし、幼稚園で歌って覚えた七草。
「背高のっぽのオミナエシ、ハギ、クズ、キキョウ、フジバカマ。
かくれんぼうのナデシコさ、ススキがみんなを呼んでいる」
という歌詞で、振り付でした。
子どもたちが歌うときには、その花が身近にあってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.12

今日の次は……

ゆうべはずっと夜明け近くまでテレビに釘付けでした。
台風が近づいているから夜九時にニュースをつけてからずっと。
突然、あの映画のような映像が飛び込んできて、チャンネルは全部埋め尽くされていった。

災害寸前の山道を走っているときに、「このトンネルが崩れたら」「この川があと50cm上がったら」と緊張続きだった。
今日の次は明日、今年の次は来年が来る、ってそう信じているから先の約束や予定や計画がある。
でも、「今このとき、どうしてひとりでいるんだろう」って思うときがある。本当に明日が今まで通り来るとは限らないのに。

山の一軒家にひとりで住んでいて、とにかくできることは台風にそなえて懐中電灯を近くにおいて、お風呂の水を抜かず、バケツとやかんに水をくむことでした。
今日は昨日のようにやってきました。わたしの心にも変化を残して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.11

自然には勝てません。


浦河経由断念。
なんたって、国道が30km以上にわたって土砂崩れ警戒のため封鎖。住民も避難中。
まだ台風が来ていないのに、秋雨前線とやらにやられっぱなしです。
実家からまっすぐ十勝に帰ることになりました。
途中の占冠村(しむかっぷ)は、237ミリの大雨で、やっぱり一部避難勧告中。電線が倒れて停電になったとか。
そんな中を走り抜けて、峠をなんとか越えました。
わたしが見ただけでも川が三つぐらい氾濫寸前だったりすでにあふれていたり。
ダムのそばではサイレンが鳴っていたり。
自衛隊車やパトカーによく出会ったり。
道路のすぐそばに濁流がうねっていたり。
ひとりで大騒ぎしながら運転しました。
とにかく、無事に事務所に着くことができてやれやれです。
あとちょっとで進むのも戻るのもできなくなるところでした。

ちなみにこの3日間の行程は約450kmくらい。浦河経由していたら600kmいったんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.09

ひとつの峠は越えました。

無事に峠を越えて、結婚式参加。
フレアスカートのスーツ姿で250kmを運転しました。
途中、シマリスとおぼしき影が車の目の前に飛び出し!
悲鳴をあげてハンドルをちょっと動かしました。
それで良かったのか、左右の前輪の間に入ったようで、Uターンして逃げていくのがバックミラーで見えました。やれやれ。

結婚式は開拓の村という、北海道の開拓当時を再現した村の教会で行われました。新郎新婦は馬が引く列車で登場です。観光客と見学旅行の小学生に歓声をもらいつつ。

カトリック式の結婚式は初めてでした。
足踏み式のオルガンの音がのどかでよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.08

遠征。

札幌で親友の結婚式があるので、峠を越えて行ってきます。
行ったついでに、向こう側で仕事をして帰ってくるつもり。
十勝→札幌→岩見沢→浦河→十勝のコースです。
予想としては600kmくらいかしら。(どうかな?)
次に更新したら無事に帰ってきたということで。

石勝樹海ロードって怖そうな名前だよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.06

光る目

 夜中に農道をとばしていて、ぎょっとするのは光る目。
ふつうなら、猫でしょう。でも、こちらでは半分くらいキツネ。
なぜか道路端によくいます。たまに轢かれていたり。(合掌)
犬はあまり光らないのに、キツネの目は猫並に輝く。
野生の証でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.09.03

笛吹き童子。

お祭りの舞台で、15分間のステージをつとめました。
わたし含む4人で歌とギターとアコーディオンとリコーダー。
まだ人前に出せるレベルの腕前じゃないのでアコは他の人が弾きまして。わたしはリコーダーとコーラス担当でした。
ちょっと本番は息が震えてしまったけど、大外しはしなかったはず。
たまには、こんなステージも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年8月 | トップページ | 2001年10月 »