« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月

2003.09.25

意外と寒いのね。

昨日から東京入りしました。
着いてみると予想よりもけっこう寒い。
沖縄対策で半袖ばかり持ってきてたので、ちょっと慌ててます。
考えてみると10日間も暮らさなきゃいけないのに。
29、30日が公演で、その後は5日まで東京にいて雑事を片づけています。夜は首都圏の友だちと遊ぶ予定を入れておきつつ。
まだ、予定は空いているので、首都圏で遊んでくれる友だちがいたらよろしくお願いします。

やっぱり、長袖1枚買おうかな。でも、荷物を増やしたくないし…うぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.23

天体観測。

望遠鏡にデジカメを押し当てて撮ってみました
22日の深夜から23日の未明にかけて、やしちとともに実家を突如急襲し、父親を起こして天体観測をしてきました。
天文ファン、というほどでもありませんが、幼い頃から父親の天体観測につきあっていたため、今も星空を見るのが好きです。
火星が近づいているうちに、旅に出る前に、と夜空が晴れ渡っているのを確認してドライブ。父が退職後に買った直径が一抱えもある望遠鏡で火星を追いました。
あいにく、火星は倍率の低いレンズで捕らえるのがやっとで、西に沈んでしまいました。替わりに月を見たり、オリオン座の星雲を見たり、北斗七星の二重星を見て楽しみました。身体の芯まで冷え切るような寒さでした。そう、天体観測は寒いものだったと記憶を呼び起こしてみたり。やしちは望遠鏡で星を見るのは初めてだったらしく、喜んでくれてました。父、突然起こしてごめんよ。ありがとう。

で、一眠りしてから、今日は自転車で青少年科学館に行き、プラネタリウムを見てきました。空は人工的なものだとわかっていても、やはりあの星空も好き。
科学館も子どもの頃に見たなつかしい展示物と、新しい技術を導入した展示物があって、なかなか楽しかったです。
そんな誕生日の前倒し祝いでした。
さて、荷造りしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.22

碧い森。

ロフトで買ってきた入浴剤、その名も「碧い森(あおいもり」。
たいへん、ドロドロとした緑色のお湯になりました。この濃さがさすが「碧い森」というべきでしょうか。

お湯につかりつつ、旅に備えてストレッチなどしています。
明後日から一ヶ月の旅に出るのです。
またしても誕生日にいなかったりします。相変わらず記念日に弱い。
東京公演の後、今年2回目の沖縄公演です。
こちらではコタツなど出しましたが、あちらでは30度の日もあるようで…。少々体力が心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.14

9.14 ゼロワン・札幌テイセンホール観戦記

 やしちと数年ぶりの男子プロレス生観戦に行ってきました。
 観戦したゼロワンは、新日本プロレスを飛び出した橋本真也が創立した団体。元柔道家の小川直也が参戦し、インディーズ系の選手、怪しい外国人選手も観られる、と通好みのごった煮的なイメージがあります。

続きを読む "9.14 ゼロワン・札幌テイセンホール観戦記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.10

喧嘩上等。

通勤の地下鉄車内にて。同じ駅から乗車した10代後半とおぼしき女性が、やや斜め向かいの席に座っていました。
彼女は、物凄いのっぺりとした塗り方の顔をしていたのですが、やおら手提げから鏡を取り出し、アイシャドウを塗り出しました。
ははぁ、メークの途中だったのね、としばし観察。
アイシャドウ、アイライン、マスカラ、ビューラー(睫毛を挟んで持ち上げる)、アイプチ(プリペイドカードの縁を使ってまぶたを二重に)、アイブロウ(眉毛描き)、チーク、リップと全て車中にてのフルメーク。
思わず感心しつつ見ていました。
他人のメークする姿をタダで見る機会なんて、そうそうありませんから。
彼女、途中で何度かこちらを睨んではいましたが。
下車する駅も同じ、わたしが先に立って出口に並びました。彼女、ぴったり後ろについて、なにやらポケットに手を入れてます。
やだなぁ、突然刺したりしないだろうな、と横目で見てましたが、何もなく。
下車して歩き出すときには油断していましたね。
ガツガツ!って、アキレス腱のあたりを二回蹴られました。
そのままわたしを追い抜いて階段を駆け上がっていきます。とっさに手を伸ばして、背中を叩きました。が、彼女はそのまま階段を駆け上がり、一目散に去っていきました。
きっとわたしの方が頭半分くらい大きいから奇襲にしたんだろうなぁ。正面から因縁吹っかけてくるなら受ける気はあったのですが。
以前友人に言われた「あなたは喧嘩上等な(ムーミンに出てくる)おしゃまさんだ」とのセリフを思い出しました。
同じ駅を使っているのだから、そのうちまた会うかも知れません。
今度やり返すときはグーで殴るつもりでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.09

嫌な夢。

二晩続けて嫌な夢を見ました。起きた時の疲れたことったら。

1日目:劇団の公演前。もうお客さんがいっぱい入っていて、開演5分前。なのに、音響の仕込みがまだ上がっていない! いつもの機材持ち込みではなく、劇場の機材を使用するので勝手がわからないのだ。慌てて劇場付きのスタッフを捜して走り回るが、見つからない。公演の制作担当者が青い顔をしている。うわーん、音当たりもできないよー!

2日目:先月から通っているアルバイトの会社内。まだ外線に出ちゃいけないのに、うっかりクライアント様からの電話を受けてしまう。しかも、自分が関わっていない分野。しかも、つい「○○座のうらべです」と劇団の名前で出てしまった。相手は笑って許してくれたが冷や汗かきつつ保留。担当者を捜すが、担当者の名前も、その業務をしているフロアも、もちろん内線番号もわかりはしない。どーしよー!

マジ疲れました…。
プロレスラーも「入場テーマが鳴っているのにリングシューズのヒモが結べない」って夢を見てあせったと言ってたっけ。
仕事の数だけ、こういう疲れる夢があるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.04

秋桜。

もうコスモスが満開になっています。
札幌市内では歩道沿いにずいぶんと植えられていて、ピンク、濃い紫、白の花が咲いています。
この薄ピンクの花を見ると、幼稚園の通園路に咲いていたことが思い出します。地方都市の小さな商店の横に咲いていた記憶。肉屋さんに買い物に行くと、「えらいねぇ」とミートボールかなんかおまけしてくれた記憶。
秋生まれということもあるのでしょうが、コスモスは一番好きな花。秋桜という和名も好きなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.03

一人旅。


 今回の旅は一人での移動です。行きは道民の翼で、帰りはいつも公演の旅で使っている大洗~苫小牧のフェリーを使うことにしました。
 フェリーに乗るときはいつも車で、仲間といっしょだったのでした。今回、交通機関で大洗まで行き、一人で乗船するのは初めてなのです。もちろんお金が無いので雑魚寝の自由席。他人に囲まれて寝るのはちょっと心細いのですが、一人旅の雰囲気を満喫しています。
 ちなみにJAF会員割引で5850円で乗れました。港から目的地までのJR、バスの料金をすべて合わせても、飛行機よりは格安になります。これからおよそ19時間の航路。時間をとるか、お金をとるか、ですな。

(※9月3日に無事帰宅して更新しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タトゥーノ、ようやく入手。

 帰り道にちょっと寄り道。Roads to Lordの新サプリメント「タトゥーノ ~風に描くかりそめの歌」と、そのサポート記事が掲載されている「Role&Roll」を、新宿のゲームショップで購入しました。一応、やしちへのお土産も兼ねています。なぜか札幌のゲームショップで入手し損ねていたのです。
 長い旅路にゆっくりと読みながらため息をついています。
 でも、細かい字を真剣に読むと乗り物酔いをしてしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっくら東京へ。

 ちょっくら休みを取りまして、東京まで行ってきました。本部の稽古場で、年に1度のプロデュース公演が行われるのを観に行ったのです。
 9年前に、わたしが劇団に入るきっかけとなった作品の再演、というか新版の上演でした。俳優もスタッフも劇団員ではない人が集うプロデュース公演なので、舞台もかなり違っています。それはそれでまた良さがありました。感動する箇所が変わったのは、舞台の変化もありますが、9年間働いてきて自分の響くところが変わっているのでしょう。
 自分が参加していない舞台を観て、あらためて劇場の良さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後のお仕事。

 新しい仕事は忙しいながらも、楽しんでやっております。
12時から21時の勤務後、買い物して23時頃帰宅、0時を過ぎて帰ってくるやしちと食べる夕食を準備、と夜型の日々。ま、朝早いよりもよっぽど対応しやすいです。
 今まで劇団で制作をしたり、会報の編集をしたりして身につけた技術(?)が、思わぬところで役に立ったり。
 とりあえず、入力ミスをチェックする達人を目指しています。
 その代わり、書類を持って近づくと人に嫌がられるようになりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »