« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月

2003.12.31

ザッピングの大晦日

せわしくチャンネルを切り替えながら見たもの。
「レコ大」で浜崎あゆみの3連覇にがっかり。
「紅白」では女性陣がことごとく衣装を脱いでいくのに笑い。
「猪木祭」ではジョシュ・バーネットに痺れ。
「Dynamite!」の曙-サップ戦は、予想通り。

片方のテレビは歌番組系、もう片方のテレビは格闘技系を、それぞれ見ていました。見る自分も部屋を行ったり来たりして。幸い(?)「PRIDE」はここでは入らない局なので、まだ少なく済んだ方かも。
詳しく通して見たワケじゃないので、どの大会が一番良かったのかはわかりませんが、ジョシュ・バーネット対セーム・シュルトの試合は、金払って観ても「これが観られたのでOK」と思える内容だったのではないでしょうか。

さすがにもう次は3大会もやらないだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRPG冬合宿の1

やしちの実家方面の皆さんとの盆と正月恒例TRPG合宿。
今回の一発目は「ブレイド・オブ・アルカナ」。
やしちがGM、闘う徴税吏さんがサブGM。
プレイヤーは、出流葉さん、BOMさん、ミィサン、けきょさん、うらべっちの5人です。
13時頃から集まり始め、一部のプレイヤーはキャラクターを作成、のんびりと16時頃からスタートしました。
いつもセッションが長いと評判のやしちGM、やはり今回も噂に違わず予定時刻を大幅に過ぎる22時オーバーとなりました。いつもアイディアは独特で面白いのですが、詰め込み過ぎだと思う。
わたしのキャラクターは「アクア=クレアータ=フィニス」の人造人間娘マクセル。
クールな路線を狙ってみましたが、ただのつっけんどんになってしまったかも。
やしちは帰ってからしきりと反省してました。がんばれ。

わたしはがんばらなくても良いらしいです。あとは1月2日にN◎VAをやっておしまい。
書きかけの「RtoL」シナリオはお盆に回そうかなー。

今回は皆さん忙しくてあまり時間がないのです。さすがに30代になると時間の調整が難しい。
それでも、中学校・高校時代からの友人とこうして集まった時に遊べるのっていいなぁ。わたしは転勤族の育ちだから、こういう故郷はちょっとうらやましい。
で、プロレスにも特撮にもTRPGの話しにもついていける自分で良かったなぁとも思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年を振り返って

 2003年もあとわずか。日記らしく、今年1年を振り返ってみましょうか。

常勤から非常勤へ
 劇団に入団して9年。この夏から非常勤になりました。
 地方公演の制作の仕事を休み、劇団サイトの管理と音響効果としての舞台スタッフのみをしています。
 今までは生活の場にもなる制作事務所の場所が変わるたびに引っ越しをしていました。
 連れ合いのやしちと3ヶ月会わないくらい離れることもザラ。
 劇団員の方が一緒にいる時間が彼より長いこともよくあること。
 北海道での制作活動が(新作ができるまで)お休みとなったため、選択しなければなりませんでした。
 いままでのように劇団のみんなと引っ越しをして、本州へ行ってしまうか。
 常勤の制作をやめて、北海道の自宅で連れ合いと暮らすか。
 結果、今回は二人で暮らすことの方を選び、みんなを見送りました。

コールセンターのアルバイト
 夏の旅公演が終わってからすぐにバイトを探し、コールセンターのアルバイトに就きました。
 スーツ着用、時間帯の区切られた仕事、オペレーターならではの言葉づかい…なにもかもが目新しいことばかり。
 学校嫌いだった自分が、校則の厳しい中学校のような職場に順応しているのが不思議?
 自分で選んだこと、代価をもらっていることが大きな違いなのだろうか。

沖縄公演
 北国で生まれ育っているので、冬でもあたたかな沖縄は憧れの地でした。
 今年、初めて沖縄へ行きました。劇団の公演で、3月と10月の2回。それぞれ2週間前後です。
 観光で行くのとはまた違う、地元の方々と共同して仕事をする中で得たものは大きかったです。

サイトの復活
 2002年の夏から2003年の春にかけて予告無く更新を休止してしまいました。
 年明けから徐々に復帰。
 今年一番のコンテンツは初のリプレイ「おかえりの樹」(Roads to Lord)を掲載できたことです。
 でも、全体的に再構成をする必要があるかなぁ、と考えているところ。
 ちゃきちゃきと進まないサイトですが、見ていただいて、たまにでもお言葉もらえるとうれしいです。

その他、細々としたこと
  ・MOUS一般(エクセル、ワード)取得 ・父、定年退職。天体観測を楽しむ。 ・やしち、上半期は青森へ。そして札幌へ帰る。 ・上の弟、バンドでCDを出す。 ・下の弟、運転免許を取る。 ・親友がもっと北の街へ引っ越す。 ・プロレスをよく観る。全女とゼロワンとノア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.29

北国から雪国へ

 今日から5日間、津軽に行き、やしちの実家にお世話になります。
いつものごとく「なにか忘れ物してないかな」と不安を抱えつつバタバタと出発。一応、凍結防止で水も落としてきました。ガスの元栓も止めたし、ストーブも止めた……目覚まし時計はかかってないよね、きっと。そんな感じで、出発してから不安になるのです。

 一番の不安は、やしちの友人たちと遊ぶTRPGの備えができてないことかも。函館に向かうスーパー北斗で、海底トンネルをくぐるスーパー白鳥で、ずっとやしちと怪しい会話をしていました。まだシナリオが完全にできてないのですよ。ピーンチ!

 19時過ぎに津軽に到着。さっそく実家のみなさんと夕食をご馳走になります。食後、やしちは闘う徴税吏さんと明日のTRPGの打ち合わせに出かけました。
 冬のTRPG合宿は、やしちGM、闘う徴税吏さんサブGMによる「ブレイド・オブ・アルカナ」で始まるらしいです。楽しみー。……はやく「Roads to Lord」のシナリオ仕上げなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き終わった!

削りに削った年賀状リスト。
今年夏までの劇団の関係で80枚+私用で20枚。
やっと書き終わりましたぁ。
エクセルとCSVファイルと年賀状ソフトに翻弄された二日間でした。やれやれ。
宛名面だけでいいから、エクセル住所録と連携の良いソフトが欲しいです。

明日(日付変わったから今日)から、やしちの実家に行ってきます。
6日間のちょい旅。でも、まだ準備ができてないですよぅ。(半泣き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.28

年賀状づくりに追われる

今年も残すところあとわずか。
この週末から休みに入ったので、年末のスケジュールをこなすのに懸命です。
今頃になって手をつけた年賀状づくり。試行錯誤したあげく、ペンタブレットに付属していたペインタークラシック+フォトショップELでイラスト部分を描きました。レイアウトはページメーカー。手をかけたわりには手抜き風なデザインに仕上がってしまいました。やっぱり、構想を温めておくって大事。

住所録を管理しだしたら、またキリがないことになってきました。エクセルと秀丸を往復しつつ整理しています。
バカバカしくも見える手間だけど、1年に1度くらいは疎遠な知人・友人のことを思うのもいいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003.12.21

トールサイズの憂鬱。

身長が173cmと言うとうらやましがられることもありますが、標準規格外はちょっと面倒です。
スーツorジャケット着用の会社にアルバイト勤務始めて4ヶ月。
入社前に慌てて買った黒スーツと灰ジャケットを交替で回すのもそろそろ飽きてきました。
給料も入ったことだし、冬セールでも見ましょうか!
と、「安く」て「身体に合う」、「ブラウンかグレー」のスーツを探しています。
これがけっこう大変で、1万円台のスーツがあると思えば肩幅や裾丈が合わず、これはぴったりと思うと予算を大幅にオーバー。
一般のLサイズだと微妙に袖丈が足りず、LLサイズだと身頃がぶかぶかしているのです。

10代の頃はダイエーやヨーカドーの服、それもLLとか15号などの大きすぎる服を着て、無理矢理袖丈を合わせてました。
それがある日、無印良品のリブタートルネックTシャツを着て、そのあまりにもきれいなフィット感と充分な袖丈に、「身体に合う服ってこんなに気持ちが良いんだ!」と開眼。
以後、何度か失敗しつつも、なるべく身体に合うものを、と探しています。
最近ではユニクロが丈長目にパンツがつくられているので良く利用しています。近所だし。
あとフェリシモのハンサムスタイルというシリーズがトールサイズ対応してます。
5年前に買ったシャツがいまだに現役で頑張ってくれてます。さすがに細部がくたびれてきました。
でも、試着できないしデザインを選べないのでスーツのような大物を購入するのはためらうところ。

やはり、なるべく試着して買おうと、店を回っています。
パンツの丈が足りないのに、ベルトの位置が極端にハイウェストになってるのに、肩が窮屈なのに、「よくお似合いですよ♪」と言う店員の店にはもう行きません。
もうちょっと「LT」サイズが一般に増えてくれるといいのですけどねぇ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2003.12.14

仮面ライダー555とN◎VA

日曜日の休日は、やしちと朝食を食べながら「仮面ライダー555」を観るのが習慣になりつつある今日この頃です。
と言っても、録画ですけどね。休日に8時起きなんてしません。
今までは仮面ライダーシリーズとは縁が無く、クウガに始まる平成ライダーシリーズも「ふーん」という感じでした。
些細なことから見始めた555ですが、途中からだったので因果関係が分からずに戸惑いました。
え? ライダーたくさんいるの? 携帯で変身?
え? ライダースーツって中身の人が変わることあるの?
え? オルフェノクって何? 敵なの?
って感じで。
こんなに複雑なドラマを子どもが観てるのでしょうか。

はまり方の一つに、場面をTRPG「トーキョーN◎VA」に置き換えて理解するというのがあります。
あまりにもご都合の良い場面でのヒーロー登場には「おぉ、木場君、登場判定で成功!」「あ、巧も真理へのコネで登場!」とか。
ケータイで敵も味方も呼び出せてしまうところはまさにコネ判定。啓太郎はコネでシーンを回す役柄か、とか。
他にも絶体絶命のピンチを免れるところは「今のは<脱出>!」「<難攻不落>でカバー!」とか。
そんな風に解釈していくと、本当に「N◎VA」か「ブレイド・オブ・アルカナ」かってくらいぴったりです。
後は登場人物のスタイルを確定したいところです。

(注:「トーキョーN◎VA」と「ブレイド・オブ・アルカナ」はFEAR制作、エンターブレイン社発行のテーブルトーク・ロールプレイング・ゲーム(TRPG)です。)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ビーズアクセ作り。

 無性に細かい作業がしたくなる日があって、そんな時はビーズアクセサリー作りをしています。
 最初の1個は友人の誕生日プレゼントに贈りました。レシピを見て、その材料通りに揃えて、書いてある通りに作りました。
 その後はもう適当。難しい技術も凝った装飾も求めないので、綺麗なビーズを買っては、ただ鎖に止めたり、適当に編んで結んで止めたりしています。
 先週作ったリングがどうしても、ごてごてしていて美しくない気がしてきました。中央のビーズよりも周りのビーズの方が勝っているような…。
 それもそのはず、中央に使ったのはチェコのクラックルビーズというやつで、周りのポイントに使ったのがスワロフスキーだったのです。調べてみると、ビーズアクセサリー販売サイト「mew」の「ビーズについて」にこんな解説が。

クラックルビーズ…クラックルとは「ひび割れ」と言う意味。名前の通りガラスにひびが入ったようなビーズです。透明感はありませんが、何とも言えない存在感があります。(略)
スワロフスキー…カットガラスビーズのなかで一番輝きのあるのがこちらのビーズ、(略)

 店で買ったときは色しか見ていなかったから、輝き方までちゃんと考えていなかったですよ。これはいかん。
 そんなわけで、昨夜もう一個リングをつくりました。スワロはもう無いのですが、クラックルビーズは10個単位の購入だったのでまだたくさんあるのです。その価格の違いで気づけよ、自分。今度は丸小ビーズだけで2本の糸が絡み合うようなイメージで作ってみました。
 下の写真その1が先週のリング、その2が昨夜つくったリングです。
先週のリング昨日のリング
ふー、今度はスッキリしていていいぞ。糸止めの仕方がわからないので結び目がちょっと表に出てしまっているのもご愛敬。

今、一番気に入っているのが下のネックレス。鎖骨のくぼみにペンダントトップが来る長さです。それこそ鎖に止めただけですが、シンプルなので会社にもOKです。
先月のリングとネックレス

アクセサリー屋で完成品を買う方が、手間を考えると安かったりはするのですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003.12.13

つぶらな瞳にほっそりとした首。

 きれいに晴れていたので、灯油を買いに行きがてらドライブしてきました。
 車を停めて写真を撮れる場所を探して20分、すぐお隣の町江別市にあるとんでんファームに到着。ここではハムやベーコンなどを売っている。特にベーコンはTV番組「どっちの料理ショー」にも出たことがあるらしい。
ダチョウ しかし、3時にしてもうすでに日が傾いてしまい、いまいち雪原の美しい風景というわけにいきません。
 あきらめて中の店でオリジナルカレールーを買ったり、土器の灯り展を見たりしてきました。
 と、帰ろうとすると駐車場の脇に、柵に囲われたダチョウが二羽いるじゃないですか。
「これだ!」とさっそくデジカメを構えてパチリ。長い睫毛にふちどられたつぶらな瞳がキュートです。
 本当はもうちょっと近づいて撮りたかったけど我慢。なにせ、やしちが手を伸ばしかけたときに素晴らしいスピードでついばまれかけてましたから。さすがにリーチ(?)が長い。
 それにしてもこのダチョウたち、こんな北国にいて凍えてしまわないのかしらん。生まれは北海道で、親はアフリカから来ていたらしい。以前、もっと北の町でもダチョウを飼っている牧場を見たことがあるのですが、北海道で流行っているのだろうか。
 細い首がちょっと寒そうでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ムーミン パペット・アニメーション」DVD

ようやく、「ムーミン パペット・アニメーション」DVDボックスが届きました! 不在連絡票が入ってから2日、すれ違いの日々でした。雪の中、ありがとう佐川急便!

このパペット・アニメーションは、ポーランドとオーストリアの合作として1979年に制作され、その後ヨーロッパで全78話がテレビ放送されたものだそうです。
先日、札幌のPivotで行われたムーミンデザイン展を見に行った時にその存在を知りました。「見たい!」しかし、あいにく、シアター・キノでの公開は終わったばかり。
帰宅してからあきらめずに検索すると、DVDボックスが出るそうじゃないですか。さっそく予約できるところを探しました。
結局、オンライン通販のサイトDVD生活で新作予約15%割引で購入しました。ここ、支払い方法も選べてなかなかに便利です。そしてすれ違うこと2日、やっと手の中に来たのです。
もう、パッケージから、作品解説のカード、もちろん岸田今日子さん出演の語りにもがっつりやられています。
この2連休はずっとムーミン谷にはまっていそう。
とりあえず、何があっても「あらまぁ、お掃除が大変」ですませるムーミンママが素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.10

角度美人の時計台。

時計台
通勤途中、いつもいつも時計台の前でカメラを構える人たちを横切っています。札幌に行って来たと言えば、記念に撮りたいものなのでしょう。こちらは急いでいるので、身をかがめて通り過ぎます。
しかし、よく聞こえるのが「えー、これ?!」という驚きと落胆が入り交じった観光客の声。もっと大きく、周囲には何もなく、牧場の丘に立つようなイメージを持たれているよう。
女子プロレスラーの北斗晶選手に「世界3大ガッカリ観光地」と言われただけのことはあります。
思い返すと観光用の時計台の写真って、いつも同じような角度から撮られているかも。わたしも足を止めてそんな角度を狙って撮影してみたのが、左の写真です。
札幌にお越しの皆様、あまり時計台には夢ふくらませずに、記念に撮影しにいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.07

初積雪。

snow.jpg

やっぱり降り積もりました、雪。少し前から感じる寒さの質が変わっていたので、構えはできていたのですが。
いよいよ来たかって感じです。これから長いお付き合いに…って今年は1ヶ月近く短くなりそうですが、とにかく雪国の暮らしになります。
車で近所の西友に出かけてビーズを買ったり、GSで灯油を買ったりしてきました。夕暮れのツルツル路面は久々だとおっかなびっくりの運転です。先月6万も出して新調したスタッドレスに頑張ってもらいましょう。
明日からの通勤は冬靴になります。社内サンダル持って行かなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格的な雪、になるか?

PC060004.jpg
仕事からの帰り道。どうやらやっと雪らしい雪が降ってきてました。
まだ水気もあるし、細かい雪です。明日が積もるのかどうか楽しみ。
札幌では積雪ゼロだったけど、道北ではそれなりに降った日もあったようで。それでも、今年のスキー場はずいぶんと難儀しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.02

ココログをつくってみました。

@Niftyの新サービス「ココログ」に登録してみました。
最近、ネット上でたびたび見かける「blog」を日本語で簡単に作りましょうというサービスのようです。
とりあえず、下のノア観戦記をアップしてみました。
ココログ版「ノア観戦記」
今使っている「Alternative Days」は1記事1000文字までという制限があり、いつも観戦記には苦労しています。その分、文章が整理されるという利点はあるのですけどね。
とりあえずは試用してみて長文はココログ、短文はこのページにしようかと思います。あるいは、全部ココログに移行してしまうか?
色づかいをカスタマイズできるようになるともっと魅力的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらく使ってみます。

写真のアップロード周りが今までの雑記帳より簡単なので、しばらくココログ版を雑記帳として使うことにします。
それぞれの記事にコメントを入れたりできます。ご感想、ツッコミなどお待ちしています。

※過去の雑記帳 Alternative Note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »