« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004.03.31

Role&Roll vol.5


cover

TRPGサポート誌「Role&Roll vol.5」を、休憩中に会社の近くの「なにわ書房」で発見、即買いしました。
今回も「Roads to Lord」の小説風リプレイが目当てです。さっそく食後に通読。
さすがです。
とてもタトゥーノがやってみたくなります。

続きを読む "Role&Roll vol.5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.28

観劇デート。

 芝居を見に行ってきました。観劇デートです。相手はやしち…ではなくて、バイト先で知り合った女の子。
 Y.H.Sの「collagen not dead」というオリジナル作品。
 会場は前にも行ったことがある演劇専用小劇場 BLOCHです。
 Y.H.Sという劇団は初めて観ましたが、けっこう活動を重ねているのですね。俳優と登場人物が上手く合っていました。ウィルス感染を防ぐ為に封鎖されたビル、が舞台となっています。基本的に一部屋で話しが進行するのが、とても舞台向き。女性キャストばかりなのに、人物がちゃんと描きわけられていて見やすかったです。

 で、見終わった後は目の前のさっぽろファクトリーにてデート。ロッキーズでパフェなどつつきつつ、おしゃべりしていました。
 あと、春物ファッションをながめたり、かわいさ優先の雑貨を手に取ったり。
 1900円の格安ジャケットを買いました。淡いベージュなのが春っぽい。これで黒とグレーの生活から脱するのです。

 夜は久々の実家にて焼き肉。末の弟からプレステ版のドラクエ4を借りて帰りました。身内に対しては散文的かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.27

「個人情報」は身近に。

ADSL回線業者のアッカ・ネットワークスの顧客個人情報が流出したというニュース。
「最大140万人の可能性 アッカの顧客情報流出」(共同通信)

わたしもアッカのADSLを利用しています。何がどこに漏れてどう使われるのやら。

@Niftyの古河建純社長のBlogでいち早くお詫びの言葉が掲載されていました。
プロバイダの@Niftyには直接の責任はないのですが、立派だと思います。

実はこのニュース、バイト先のコールセンターで知りました。

続きを読む "「個人情報」は身近に。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

フォトエッセイ「アジアの瞳」。

書店に行くたびに探していた「アジアの瞳 pure smiles」をようやく見つけて購入しました。
これは、たびそらで連載されているユーラシア大陸の旅行記を写真集としてまとめたものです。
@niftyホームページグランプリ2002で準グランプリを受賞されたことをきっかけに読み始め、すっかりファンになりました。

筆者の三井昌志さんは、筋金の入ったバックパッカー…ではなく、どこにでもいそうな普通の日本の青年と感じます。わたしと生まれ年もいっしょ。
海外の一人旅も初めて、写真を本格的に撮るようになったのもそんなに昔ではない。
そんな彼の文章や写真が、どうしてあんなに魅力的なのか。
たぶん、その国に暮らしている普通の人々との出会いが、飾らない言葉で綴られていること。
その素朴さが共感できる空気を生むのじゃなかろうか。なんて思いつつページを繰っています。

ご存知ない方には、まずたびそらで旅行記を一つ二つ読むのをオススメ。旅に出かけたくなります。

アジアの瞳(クロスカルチャーライブラリー)
三井昌志著

出版社 スリーエーネットワーク
発売日 2003.12
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4883192881

bk1で詳しく見る
Amazonで詳しく見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.24

ディープな誕生日祝い。

休日ってことでやしちの誕生日前祝い。
プレゼントは巷で噂のトーキョーN◎VA・チャクラSSS。それと「武2」。
なんて実用的でマニアックなんでしょう。
先にシナリオを読んで笑い転げているやしちには、もちろんルーラーをやってもらうつもりです。

続きを読む "ディープな誕生日祝い。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22

まだ見ぬ新人。

センターに入った瞬間に目に飛び込んでくるリクルートスーツの群れ!
って光景を想像して出社したのですが、新入社員は違うフロアで研修中とのこと。
あと数日は彼らを見なさそうです。
やや拍子抜けしつつお仕事お仕事。

通勤中に読む「指輪物語」は「旅の仲間(下)」に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

N◎VA:イヌキャスト挑戦。

我が家に友人が集まって「トーキョーN◎VA The Detonation」を遊びました。
ルーラーはやしち、シナリオはルールブック付属「Nothing hurts like the truth」です。
プレイヤーはわたしも含めて4人。実はプレイヤーで一番N◎VAを遊んでいるのがわたしになるメンツです。
しかし、どうもルールが覚えられないため、本日2回目の人に教えてもらう場面もしばしばでした。

わたしのキャストは作りたての「イヌ◎、クグツ●、カブト」な「森谷ケイト(20歳、女性)」
腐敗した体制も無視して、ひたすら市民の為に尽くす公僕クレアータを演じてみました。
正義感じゃなく、義務としてルールを遵守するタイプ。
※カバーリング、※金剛、※忠誠で市民を守りつつ、※バッヂで悪を割り出し、サイドワインダー+※捕縛術でお縄にする。
力が必要な時は※実験体で強化。任務を完遂するために改造も受けているのです。

シナリオの構成自体は複雑なものじゃなかったけど、リサーチに時間がかかりました。
いや、わたしが序盤で他のキャストを捕縛しようとしてカット進行にまでなった為でもありますが。
3時間で終わりそうな内容が5時間かかりました。まぁ…やしちルーラーの特徴ってことで。
市販品なので内容は細かく書きませんが、黒幕のボス以外はゲストも死ななかったのが意外な展開。
キャストも気に入ったので、もうちょっと育ててみようかな。

終了後はカラオケ。久々にアニソン全開のオタクなカラオケでした。楽しかったです。(まる)

と、ここまで書いて、なんて専門用語が多いんだ、TRPGも知らない人にはサッパリな文じゃないかと苦笑。
楽しい遊びですが、知らない人に伝えるには相当に言葉が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.20

テンプレビルダーと自作CSS。

ココログに上位版のプラスとプロが出来ました。
6月いっぱいまではどちらも無料ってことでプラスを選択。
もし気に入れば月500円程で使えます。
今まではテンプレートに(有名な)裏技で自作CSSを読み込ませてサイトの色に合わせていました。
プラスはテンプレートの色やフォント、罫線を自分で選んで組み合わせることができます。
それでちょっと色を変えてみたわけです。
でも、自作の方がもちろん思惑通りにはできます。込み入ったスタイルシートの記述を読み解いて書き換えれば。
だから、テンプレートのカスタマイズ以外の部分に魅力を探してのプラン変更でした。
たとえばアクセス解析…簡素なものですが、1日当たりのアクセスと人気記事がわかります。
で、つけてみた18日(金)のアクセスが200超えているのを見て、ちょっと信じられませんでした。
どうやら豆乳ローションの記事がかなり人目につくらしいです。継続して記事を書いてないのが申し訳ない気分。
フォトアルバム機能などもあるらしいので、ちょっとの間プラスを試してみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.18

新社会人を迎える。

3月~4月と言えば人事異動だの引っ越しだの、卒業だの入学だのと何かと環境が変化する時期。
自分には関係がない、と素知らぬふりを決め込むわけにもいかない。
なにしろ来週には新社会人の新入社員がたくさん来るのだから。
わりと会社では年上な方にいるため研修の相手が回ってくることも充分にあり得ます。
社会に出てきたばかりの皆さんを迎えるに当たっての環境づくり、ということで現存の社員にもマナーとかルールとか厳しいことになっています。ふー。…やっぱりスーツをもう一着用意しなくちゃ。

19歳の女の子が「新卒の人たち、いっぱいくるんだよねー。嫌すぎなんですけどー」と口をとんがらせていました。
「なんで? 年近い子が増えていいっしょ」
「だって、今まで××、若いから大目に見られていたのにー」
「……あー、そうね。××ちゃんも『先輩なんだから』って絶対言われるね」
心底嫌そうでした。ちゃんと自分が優遇されてるって意識していて、18歳のピカピカの新人に危機感を感じる素敵なお年頃。1人称を名前で呼べるっていいなぁ。

わたしが20歳で劇団に入ったときも、相当に先輩方からは宇宙人のように思われていたらしい。
人のことは言えません。とにかく今は備えるのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.14

「王の帰還」観てきました。

1ヶ月くらいあたためていた前売り券で観てきました「ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還」。
今回も吹き替え版です。やはり1作目で信頼感がなくなったので。
映像化された中つ国に驚いた1作目、攻城戦闘の場面に目を見張った2作目、そしてこの3作目は人のドラマに心動かされる作品でした。今まで張っていた伏線が結実するということもあるのでしょうが、サムの従者魂とか、ファラミアの哀しみとか、生き残ろうとする指輪の魔力がもたらす不和とか。
1作目だけを観て「映像ばかりで中身がつまらない」と言われた人にはなんとか3作目まで観て欲しいものです。
しかし、今回もありましたね、レゴラス・タイム。監督も好きだなぁと笑っちゃいました。
ちなみに映画館はさっぽろFactory。10年前にオープニングスタッフとしてバイトしていたレストランのあたりを懐かしく歩いてみました。もうテナントもレイアウトもすっかり変わっています。でも、Factoryが10周年を迎えられるなんて当時は思いませんでした。日曜には駐車場も満車になる賑わいのようでめでたいことです。
さて、明日からまたくじけずに頑張りましょう。通勤時には「指輪物語」文庫本を再読しようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.10

確定申告。

一番近場の税務署へ行って確定申告してきました。
以前、昔のゲーム友達から教えてもらったここを利用して、無事に終了。いくらやっても印刷できない時は焦ったけど、AcrobatReaderを更新したら出来ました。
郵送でも可、というか税務署では郵送奨励しているらしかったけど、不備が心配だったので手渡し提出。
玄関で係の人に手渡すのみ、1分で済みました。
昔のゲーム友達、ありがとう。
あと扶養家族の切り替えについて教えてくれた闘う徴税吏さんも。終盤は大変でしょうが無事乗り切ってください。
昨年はわたしがやしちの扶養家族扱いで、収入はあれども所得は0円でした。
今年はその逆です。来年はどっち?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.08

「好き」と仕事。

 コールセンターでのアルバイト、2週間ぶりに復帰です。シフト制で働けるって便利。
 言葉がちゃんと出てくるかと緊張しました。舞台の仕事よりもセリフが気になる自分に苦笑。日常業務の方が演じています。
 こっちは旅に出ていたので時間の経過を感じていないのですが、周りからはずいぶんと久しぶり扱いをされています。新しい人が増えていました。
 同僚に「舞台の仕事ってお金いいの?」と聞かれて「いや、こっちの方が良いくらいだよ」と答えました。稽古日とか移動日とかがありますから、平均するとバイトしている方が安定収入。
 「じゃあ、どうしてやってるの?」
 「好きだからね」
 気取って答えてみながらも複雑な心境。
 劇団の仕事をしていたときも「好きなことを仕事にしていていいね」と言われたことがあります。
 好きなことを仕事にする幸せ。でも、好きじゃなきゃできない。そして、好きだけじゃできない。
 だからバイトを始めたわけで。そのへんのことをきちんと説明するのって、いつも難しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.03.07

豆乳ローション第二弾。

切り替えのための休日に、再び豆乳ローションをつくりました。前回はこちら

◆用意したもの
 ・無調整豆乳…………500cc(marusan)
 ・ポッカレモン…………適当
 ・消毒用エタノール……80ccくらい

◆作り方(やはり適当に2回目編)
1:無調整豆乳をミルクパンで弱火で温める。今回は温度計を準備。しかし! 50℃までしか計れないことに気付き愕然とする。65℃って書いてあったと思ったのに。50℃を超えてちょっと経った頃に次へ。
2:ポッカレモンを入れる。うちに使わないポッカレモンがあったので。最初は30ccくらいだったけど固まらないので、たくさん入れる。前回くらいに固まるまで入れる。
3:ガスの火を止めてエタノールを入れ、さらに混ぜる。
4:ザルにタオルを敷いてキッチンペーパーを2枚重ね、ドロドロの豆乳を注ぐ。
5:冷めたらタオルをぎゅうぎゅう絞る。カッテージチーズ状のカスは前回よりも水分少なめ。
6:容器に移して保存。

 前回のペットボトルとスプレー容器が水切り状態が悪かったらしく、小さなカビができていました。
 ペットボトルは捨てましたが、スプレー容器はよく洗って消毒用エタノールを入れてスプレーしてから使いました。
 アルコールを前回よりも減らしたせいか、やはりポッカレモンのせいか、いかにもポッカレモンの匂いがするローションになりました。さてさてどうなりますことやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.06

帰るまでが旅。

約2週間の旅暮らしが終わって無事に帰って来ました。
羽田空港のレストランで日本ブレイク工業 社歌がかかっていて吹きそうになったり。
天候不良のため離陸が遅れた上に結構揺れて怖かったり。
そんな中暇つぶしに買った「おたく」の精神史 一九九〇年代論(著・大塚英志)を斜めに読んだり。
なんだか出かける前より雪景色な千歳空港に呆れたり。
家に帰り着くまでも退屈しない旅でした。ただいまー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.02

休日は白鳥を眺めに。

 完全休日ってことですがちょっとだけ団体行動。豊科町は犀川の白鳥湖に行ってきました。
 エサをあげる時間があるって聞いていたので、その時間に合わせて。
 北海道にもウトナイ湖や宮島沼などの渡り鳥で有名な湖沼があり、ついでに実家の近くの沼や、田んぼでも白鳥は見られました。
 だから、正直なところそんなに魅力を感じてはいなかったのですが……なんですか、この数は?!

詰めかける白鳥

 白鳥だけじゃなく、マガンやヒシクイ、カワウなど、川辺にぎっしりと詰めかけていました。なんだか鶏舎のような臭いがするくらいです。
 平日の昼間なのに人もいっぱいいました。腰の曲がった小さなおばあちゃんが長さ40cmはありそうな望遠カメラを構えていたり。
 エサの時間になり、用意されたパンの耳を撒き始めると物凄い騒ぎに!
手が届きそう
 餌付けには賛否両論あるのは知っていますが、集団の鳥は見ていて楽しかったです。
 北海道にはあと1~2カ月くらい後に来るでしょうか。春にはまた見に行くつもりです。
 帰りに先輩の紹介で寄った「かつ玄」は、ロースカツ定食(1700円)がやわらかくてめちゃくちゃ美味しかったです。カツ好きな高倉仮面氏に教えてあげよう。
 松本市に戻って解散してからは、駅前のパルコに行き、本屋をハシゴ。ポストホビーが入っていて、メンズファッションのフロアの隅で少年(?)たちがデュエルしていました。大きくふくらんだDバッグが、全国変わらない感じで安心です。
 さて、明日がこの旅最後の公演です。このままノーミスで行くぞっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.01

乗り越えた自分に乾杯!

山あり谷あり、毎日条件が違う会場での4連続公演、無事に終わりました。
稽古開始からずっと通しだったので、さすがに今日はくたくたです。
雪模様.jpg
途中、雪が降って緊張したこともありましたが、雪道にならずに済みました。トラックはスノータイヤではなく、チェーンを取り付けることになってしまうので、このまま路面が出ていることを祈っています。
しかし、信州は寒いっ。単純に気温では北海道の方が下かも知れないけど、窓が二重じゃないのですね。あなどれません。やっぱり持ってきた衣類は薄目でした。いつも同じ長袖を上着代わりに着ています。
どちらを向いても山、そして昔ながらの瓦屋根の家屋と落ち着いた雰囲気の風景です。
お客さんもしっとりとドラマに集中して観て頂いている感じがします。
あと1公演。最後まで怪我も風邪もナシで帰りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »