« フォトエッセイ「アジアの瞳」。 | トップページ | 観劇デート。 »

2004.03.27

「個人情報」は身近に。

ADSL回線業者のアッカ・ネットワークスの顧客個人情報が流出したというニュース。
「最大140万人の可能性 アッカの顧客情報流出」(共同通信)

わたしもアッカのADSLを利用しています。何がどこに漏れてどう使われるのやら。

@Niftyの古河建純社長のBlogでいち早くお詫びの言葉が掲載されていました。
プロバイダの@Niftyには直接の責任はないのですが、立派だと思います。

実はこのニュース、バイト先のコールセンターで知りました。

コールセンターも常々、個人情報の取り扱いや守秘義務について事細かに指導されています。
こういう仕事は委託業務、つまり信用第一の仕事ですから、万が一のことがあれば即崩壊しそう。
何を持ち出しちゃいけないとか、プリントアウトしちゃいけないとか、外に出たら仕事のことは口にしちゃいけないとか、色々な規則があります。
最近相次ぐ個人情報流出のニュースを前に、いっそう引き締めが強まっている今日この頃。まぁ、時節柄当然でしょう。

そう、今回はわたしは被害者の一人だったかも知れないけど、一歩会社へいけばいつでも加害者になり得る。
毎日何十人というお客様と会話し、電話番号や住所などを教えて頂いてるのですから。
ヤフーBB、ジャパネットたかた、そして今回のアッカ。
それぞれ内部関係者が関与している可能性が高いと聞いています。怖い怖い。

バイト勤務中にかかってきた電話で「通販で××を購入しているお客様のリストがありますが、いかがでしょうか?」という営業されたことがあって驚いたことがあります。
即刻上司に相談して丁重にお断りしました。

情報化社会というのも、なかなかに怖いものです。

|

« フォトエッセイ「アジアの瞳」。 | トップページ | 観劇デート。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/356937

この記事へのトラックバック一覧です: 「個人情報」は身近に。:

« フォトエッセイ「アジアの瞳」。 | トップページ | 観劇デート。 »