« ヒーローものとセリフ回し。 | トップページ | 移行期間。 »

2004.04.19

不登校と学校と会社。

教育関連記事が多いblogを知りました。中でも不登校に関する考察をよく書かれています。
こころが幸せになるプログラム:不登校は問題ではない
プロフィールを見ると、小学校の教師をしておられるとのことで、現役で現場に関わっている方が様々な角度から検証されていることには喜びを感じます。

わたしが不登校をしていた頃から15年以上経ちました。
将来を絶望視していた頃を思うと、案外ちゃんと生きています。

小学校で不登校をして、中学校はほとんど行かないままに卒業証書だけはもらい、できたてのフリースクールに通い、劇団に入団して上京した。
なんて、かいつまんで書くとずいぶん変わった道を通ってきたように見えますね。自分ではなるようになったというか、自然に選んできたという感じですが。

で、今は劇団の仕事もやりつつ、札幌のコールセンターで働いています。
初めての会社組織です。専務と部長と課長と係長がどの順番で偉いのかやっと理解しました。
私服ですがスーツ着用、時間厳守、私語禁止、茶髪禁止、挨拶励行、使ってはいけない言葉多数などなど、校則の厳しい学校のようなところです。
半ば呆れつつも、信用商売なので「外から良く見える」ことが仕事を頂くのに繋がるなら、と従っています。
勤務を始めて半年以上になりました。
学校が嫌で嫌で、とても合わなかった自分が、なぜ今この会社に居続けているのか不思議にも思われます。
たぶん、学校はお金をくれないこと、辞める自由がないこと、同じ年の人間だけで集団をつくること、が大きいのではなかろうか? というのが今の見解です。

不登校の経験をしたことで困ったことはちょっと思い当たらないので、やはり問題ではないのかもしれません。
さて、スーツ着て出かけなくちゃ。

|

« ヒーローものとセリフ回し。 | トップページ | 移行期間。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も不登校時代が多く学歴は怪しいけど
困った事は面接時に「普通と違いますね」と突っ込まれた時だけで、
後は何も問題なくむしろ本人は幸せに生きてます。
全日制に通っていた子達と昔話になるとついてゆけない点があるけど、
だからどうしたって感じで、何も絶望はない。

ていうか、あの会社の規則はやり過ぎ‥。

投稿: アミ | 2004.04.20 17:29

そうだね、履歴書を書くと学歴も職歴も2行で終わりでスカスカしているのがちょっともったいないくらいかな、と思うときはあるけど。
一時はフリースクールの高等部(呼び名としてしかなかった)も履歴に書いていたけど、やっぱり資格じゃないから今は中卒までしか書かなくなりました。突っこまれるのも面倒だし。

学生時代の話しになると、「高校生ぐらいの頃には~」と微妙にフィルタかけて喋ったりしてます。
で、今後長いつきあいになりそうな人なら中卒だって言っておきます。現役の年から離れるに従って、受け止める側も大して気にしなくなるみたい。

「ストッキングは無地」「前髪は眉にかからない程度」「肩の長さ以上の髪は編むか束ねる」って、告知票に書き加えたら、真に受ける人いっぱいいそうで怖い>会社

投稿: うらべっち | 2004.04.21 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/461939

この記事へのトラックバック一覧です: 不登校と学校と会社。:

« ヒーローものとセリフ回し。 | トップページ | 移行期間。 »