« 「Seesaa BLOG」を使ってみる。 | トップページ | 「フィオナの海」でケルト民話をかいま見る。 »

2005.02.21

視点の妙味を味わう「光と闇の姉妹/白い女神」。

エピック・ファンタジーがお好きな方ならジェイン・ヨーレンの作品もお好みではないでしょうか。ハヤカワFT文庫から刊行されている作品が多いのですが、文庫の中にも何編かが収録されている小作品の得意な書き手、というイメージがありました。
それが、この「光と闇の姉妹」と続編の「白い女神」を読み、長編の構成の巧さにもうなってしまった作品です。
物語、歴史、神話、寓話など、複数の視点によって描かれたストーリーは、お互いを補完し、あるいは否定しつつ立体的に世界をふくらませます。
主人公は女だけの住む<谷>で生まれ育つのですが、女たちの独特の格言やことわざが楽しい。こんなセリフをTRPGでも言えたら、とメモしたこともありました。この<谷>の言葉や、音楽の楽譜まで巻末に収録されています。
ファンタジーの世界設定を読むことが好きな方は、ぜひご一読あれ。

光と闇の姉妹
白い女神
ジェイン・ヨーレン
井辻朱美 訳

|

« 「Seesaa BLOG」を使ってみる。 | トップページ | 「フィオナの海」でケルト民話をかいま見る。 »

Fantasy seeds」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/14659598

この記事へのトラックバック一覧です: 視点の妙味を味わう「光と闇の姉妹/白い女神」。:

« 「Seesaa BLOG」を使ってみる。 | トップページ | 「フィオナの海」でケルト民話をかいま見る。 »