« 「はてしない物語」は鏡の向こう? | トップページ | タンスを開けば「ナルニア国ものがたり」。 »

2005.02.10

「ワイルド・フラワーズ」。

前からちょっと気になっていた「ワイルド・フラワーズ」を観ました。
解散寸前の弱小女子プロレス団体の社長にされてしまった青年と、2人の新人女子プロレスラーを中心にした映画です。
団体のレスラーたちにはJDスター・アクトレスが出演。
2人の新人レスラーのうち1人はJDアクトレスですが、もう1人は新人の女優さんとのこと。
身体はって試合や練習の風景を演じています。あの女子プロ式の腕立て伏せが出来るだけでも偉いのに、受け身とったり、投げられたりしているのだもの。ドラマが進む毎に身体も表情もしっかりと(新人の)レスラーしてくるのは隠れた見どころかも。
また、新社長の青年も、最初は「なんでそんなに練習するんですか?八百長でしょ?」と言っていたぐらいなのに、リングを盛り上げるために、レスラーに投げられて受けをとったりするようになります。これがまた痛そうなんだ。
ライバル団体の社長には麿赤児、トップとして東城えみとキューティー鈴木が出ています。東城えみがかなり強そう。
ガチンコとエンターテイメントの間にあるプロレスとは何か?ってけっこう真面目に迫りつつ、青春コメディ熱血スポーツものに仕上げています。
あまり期待せずに観たのですが、制作者や関わっている人のプロレス好きが伝わってきて楽しめました。今はDVDレンタルもされていますので、未見のプロレスファンはぜひ。

ワイルド・フラワーズ
岡田義徳


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 「はてしない物語」は鏡の向こう? | トップページ | タンスを開けば「ナルニア国ものがたり」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/2871119

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワイルド・フラワーズ」。:

» ワイルド・フラワーズ [ELM & ELMa]
演技は、身体表現なのだから、表情だけでなく、 優れた体技の持ち主は、もっと評価されるべきだ。 最近では、見栄えのする姿形を持つ者か、 表情筋57本の動かし方に秀でた者が俳優と呼ばれる。 俳優・・・。 俳をワザと読み、優をオギと読む。 ワザは「神意」を、 つま..... [続きを読む]

受信: 2005.11.06 10:03

« 「はてしない物語」は鏡の向こう? | トップページ | タンスを開けば「ナルニア国ものがたり」。 »