« シンプルでキュートなのにこびない「モンスターメーカー」。 | トップページ | 静かに呼ぶ声「ミオよ、わたしのミオ」。 »

2005.02.15

アイリッシュ音楽の老舗「チーフタンズ」。

ファンタジー世界の吟遊詩人といえば、どんな楽器を奏でている姿を思い描きますか?
片腕で抱きかかえるくらいのアイリッシュ・ハープ、あるいはリュート、それともフルート?
空想世界の物語に登場するような、電気がない時代の音楽を探すのは意外と難しい。クラシック音楽でも、流浪の吟遊詩人の音楽からは遠い豪華さがあります。
現代に民族音楽や中世の古楽器を演奏しているアーティストも多いけど、飾りが少なく聞きやすいケルト音楽をお探しの方にはチーフタンズをオススメ。
フィドルの演奏によるアイリッシュジグがふんだんにあるし、歌い手とのコラボレーションもそれぞれに魅力があります。

ティアーズ・オブ・ストーン
チーフタンズ ブレンダ・フリッカー アヌーナ ボニー・レイット

このアルバムは、世界各地の女性ボーカリストを招いていて、日本からは矢野顕子が参加。ボーナストラックとして収録されているダワワ(中国)の歌も、なんとも言えない浮遊感があります。

|

« シンプルでキュートなのにこびない「モンスターメーカー」。 | トップページ | 静かに呼ぶ声「ミオよ、わたしのミオ」。 »

Fantasy seeds」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/14659593

この記事へのトラックバック一覧です: アイリッシュ音楽の老舗「チーフタンズ」。:

« シンプルでキュートなのにこびない「モンスターメーカー」。 | トップページ | 静かに呼ぶ声「ミオよ、わたしのミオ」。 »