« 「Vita Nova」に油断できない。 | トップページ | 日曜の確定申告。 »

2005.02.26

「天馬の血族」で草原の風に吹かれる。

なぜか草原の民を描いた物語が好きです。現実のモンゴルであれ、架空世界の遊牧民の暮らしであれ。たぶん、子どもの頃にサラブレッドの産地で有名な町で育ったからでしょう。読んでいると爽快な気分になれるのです。

少女漫画の大御所・竹宮惠子さんの描く草原は、モノトーンの原稿でさえも青空、草原の緑、紅い衣装が、生き生きと感じられます。
主人公の少女アルトジンは、まさに草原の少女といった溌剌としたキャラクター。男勝りの強気さは意地っ張りな少年のよう。
若き血気盛んな長オルスボルトと、その弟でほの暗い秘密を抱えるイスマイルとの葛藤、皇帝の都から延びてくる陰謀の手、そして自身の生い立ち…アルトジンを取り巻くドラマは、むしろ息苦しくなるほどですが、彼女の強さや情の深さが救いになります。

20巻を超える長編ですが、ストーリーに巻き込まれると一気に読めてしまいます。

天馬の血族 1 完全版
竹宮 惠子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆CD
実はイメージアルバムもありました。声優はアルトジン:緒方恵美さん、オルスボルト:堀秀行さん、イスマイル:(故)塩沢兼人さん、作曲には伊藤真澄さん・上野洋子さん、と豪華メンバーです。残念ながら現在は廃盤。

天馬の血族 音楽絵巻
イメージ・アルバム 天馬楽技団 上野洋子 緒方恵美

by G-Tools

人気blogランキングに参加しています。

|

« 「Vita Nova」に油断できない。 | トップページ | 日曜の確定申告。 »

Fantasy seeds」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/14659603

この記事へのトラックバック一覧です: 「天馬の血族」で草原の風に吹かれる。:

« 「Vita Nova」に油断できない。 | トップページ | 日曜の確定申告。 »