« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.31

舞台衣装への憧れ。

ジェニーNo.19 バレエの衣装」(日本ヴォーグ社)を購入しました。
だってねぇ、バレエ衣装だし。
白鳥の湖のオデット/オディールの衣装!とか、くるみ割り人形のこんぺい糖の精の衣装!とか。
細工の細かさはため息もので、見てるだけ~で終わってしまいそう。

子どものバレエなどでは、親がちくちくと夜なべして(?)衣装作りしていたりしますね。
わたしが発表会で着たことがあるのは、星のスパンコールを縫いつけたショッキングピンクのレオタード、赤のチュールレースがうれしかったフラメンコ風ドレス。他にもなにかあったかも知れないけど、2年弱くらいの短い期間なのでよく覚えていません。
バレエ発表会といっても小さな町の文化祭で踊ったぐらいです。
それでも、ふだんとはまるきり顔が変わってしまうほどの舞台化粧と、絶対に生活の中では着ないような衣装が、やたらテンションを上げてくれました。
今も舞台を観ると衣装には注目します。形から入ってその気になるって効果もけっこうあるかも。

ジェニー (No.19)


Amazonで詳しく見る 
bk1で詳しく見る

by G-Tools

やっぱり、作ってみようかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.27

プレミアムボックス到着♪

笑う面々」プレミアムボックスが到着しました。もう来た!
同タイトルのアルバムCDと、ライブの選り抜きMC集が入ったDVD、粘土のお面、直筆で一個ずつ違う短歌、折り鶴が入っています。御利益が無くなるといけないので、短歌は書きません。キーワードは悪魔。
新作アルバムを聴きながらこれを書いています。やっぱり水戸さんの歌う詩が好きだなぁ。
DVDを見ると、ギターとピアノとの3人だけでライブを行っている模様。青森までは行っているので、なんとか札幌にも来て欲しいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.22

水戸華之介さんの手づくり。

水戸華之介さんのCD「笑う面々」を注文しました。
今回はプレミアムボックス狙いです。水戸さんが一個一個手作りした折り鶴とか、短歌が入っているらしいのです。
ANGIE時代から、普通の1ファンだったので、こういう限定商品を買うのは初めて。
過去にファンクラブ会員向けのテープなどを、こっそりコピー(それも曾孫ぐらい)してもらったことはありますが。
なかなか北海道までライブで来られることは難しそうなのですが、できればライブ会場の売店で水戸さんから買えたらいいな、と願っています。

星暮らしの手帖

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.20

帰宅。

昨夜、無事帰宅しました。もちろん札幌の方が気温は低いし、まだ雪がある。
なのに東京よりあたたかく感じるのはどういうことなんだろう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.17

夜中に1人。

11日~19日まで、劇団の稽古と総会のため東京へ来てます。
普段は先輩宅に泊めて頂いていたのですが、今回は都合により稽古場に寝泊まりしてます。
築30年以上、地下2階と地上3階+プレハブの建物に1人。
「怖くないの?」と聞かれますが、わりと気楽にしてます。普段は。

リエさんの六畳アルバムで怖いマンガについて書かれていた記事を読んで、色々と怖かったマンガ記憶が呼び起こされてきました。
メタルKってそのマイナーさ加減がまた良い感じで起爆剤です。確かにあれは強烈だった。すぐに終わった連載なのに今も覚えているくらいですから。
…アキラが読めなかったしアニメも見なかったなぁ。
…そう言えばスプラッタ流行る前のホラー少女漫画怖かったなぁ。「幽霊学級」「幽霊学校の赤ちゃん」、吸血鬼の話しのもあったし、タロットから悪魔が出てきてってのもあった。鈴が鳴ると赤ちゃんの首が落ちるのが何だっけ。
…ゲームだけど、ファミコン探偵倶楽部も怖かったなぁ。特に音楽。いきなり鳴ると心臓に悪かった。

とかとか、色々と! こんな時間だっていうのにぃ。
パソコン切って、暗い通路に明かりを点けながら寝る部屋まで行くのが嫌でダラダラしてます。
こんな時に地下2階のさらに下の楽屋まで行けたら神だなぁ。
神になるつもりはないので、これから寝る準備にかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

UFJ銀行偽装メール到着。

@NiftyのID+@nifty.ne.jpのメールアドレスに大量送信されているようですね。
自分のところにも、同僚のところにも届いていました。

UFJ銀行ご利用のお客様へ
UFJ銀行のご利用ありがとうございます。
このお知らせは、UFJ銀行をご利用のお客様に発送しております。
この度、UFJ銀行のセキュリティーの向上に伴いまして、 オンライン上でのご本人確認が必要となります。
この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。
 (略)
また、今回のアップデートには多数のお客様からのアクセスが予想されサーバーに負荷がかかるため、下記のミラーサイトを用意しております。上記のリンクが一時期不可能になっている場合は、 下記をご利用ください。
 (略)
お客様のご協力とご理解をお願いいたします。

…まず、UFJ銀行とは一切関係が無かったからスパムだな、と判断しました。
HTMLメールで送られていますが、わたしは鶴亀メールを使っているので、テキスト形式で読みました。
テキストで見ると、リンク先がufjbank.co.jpではなく、「http://200.81.64.137/」なんて怪しいURL。
これがOUTLOOKなどでいきなりHTML形式で見ると、UFJ銀行のサイトから取り込んだロゴが貼ってあるし、リンクアドレスも「https://www.ufjbank.co.jp/」と表示されていて、信じてしまう人もいるのでしょう。ポイントを当ててみると、ステータスバーに「http://200.81.64.137/」と出ます。

でも、一番変だったのは、

一刻も素早いお手続きをお願いします。
の文言でしょう。日本語として変。こんな文章を銀行の社員が書いたら、取引先を変えられるでしょう。

偽装されてサイトの素材に直リンクされたUFJ銀行にはお気の毒としか言いようがないですね。
UFJ銀行を偽装した電子メール詐欺が発生していますのでご注意ください

…やっぱりニフティのIDアドレスメールはスパム率高いなぁ。ため息。
ああ、今は「×××@nifty.com」が正式で、@nifty.ne.jpは昔の名残だというのも、スパム詐欺業者は知らなかったんだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.15

東京限定ムズムズ。

「史上最高」ですか。新聞紙面に踊る「花粉全開」の文字が目に痛いです。
札幌にいるとあまり意識しないのですが、東京に来るとムズムズ。
街を歩く人もマスク着用率高くて、ちょっと変な光景。日常風景になってるのが怖い。
ちゃんと予防して酷くならないようにしないとダメかなぁ。あと4日我慢すれば帰れるんですが。

@nifty花粉情報

着いた日に風邪気味になったし、年毎に東京の空気と合わなくなっているかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコムが通話定額2900円。

けっこうお手軽な料金設定にしてきましたね。
これが基本料金だから、月2900円のみでウィルコム(旧DDIポケット)のPHS契約者同士は無料通話が可能になります。
相手を指定するんじゃなくて、ウィルコム使っている人なら誰とでもOK。
しかも、メールも無料。Eメールで他のケータイやPCに送るのも無料。

05.03.15 WILLCOM新サービス「ウィルコム定額プラン」等の提供について

ファミリーパックも新設、2台目の契約は2900円→2200円になるそうです。
うちなら2人で月5100円です。
ファミリーパックは定額プラン2台持ちの他に、AIR-EDGEプラン(つなぎ放題など)との組み合わせもOK。
わたしはつなぎ放題のまま、やしちだけ音声定額プラン(2200円)に変更する手もありますね。
5月からサービス提供とのことで、とても興味深いです。

・現在の契約状況
わたし:つなぎ放題コース:基本料金3654円(割引前6090円)
  特典:インターネットつなぎ放題。メール無料。
  通話料:10.5円/70秒(※)、携帯へは10.5円/24秒。
  割引:A&B15%、長期10%、年契約15%、複数200円。
  通話は月500円~1000円ぐらい。留守電月100円。
  トータル:月4000円~5000円前後の支払い。

やしち:スーパーパックL:基本料金2493円(割引前5250円)
  特典:無料通話1500円分。直メール無料。
  通話料:10.5円/60秒+1通話毎に10.5円(※)、携帯へは10.5円/16.5秒。
  割引:データセット50%、長期5%。
  トータル:月4000円~6000円前後の支払い。Eメール、パケット通信は利用無し。

※平日日中・同エリアの固定電話への通話料金。

・音声定額プラン
  基本料金:2900円
  特典:ウィルコムのPHS間通話無料、Eメール無料。
  通話料:固定へは全国一律10.5円/30秒。携帯へは13.125円/30秒
  通信料:0.021円/パケット(5月~6月は半額) 7月から+2100円で使い放題も可。
  割引:2台目~基本料金2200円

やしちはきっと音声定額プランの方が安くなる。わたしにも魅力的。
旅に出ていてもやしちと無料で連絡が出来るし、旭川に行った親友とも心おきなく話せるし。
なぜかわたしの周りはウィルコム使っている人が多いので、先日始めたIP電話よりも無料通話できる人がいるくらいです。
さてさて、また悩ましいですぞ。一番適したプラン選択は何だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.14

混沌に翻弄される「エルリック・サーガ」。

冒頭文の美しさからいっきに引き込まれる耽美的な世界。マイケル・ムアコックの作品の中でも最も有名な作品でしょう。
脆弱なアルビノの皇子が、魔剣ストームブリンガーを手にしたことから、神々の争いの中に巻き込まれていく…という物語。

このストームブリンガーが大変にタチ悪い。
抜いたら最後血を見ないと収まらない。
特にエルリックと親しい人を殺したがる。
捨てても捨てても戻ってくる。
ストーカー女ですかっ?!ってぐらい執念深い剣です。
しかも、エルリックは生まれつき身体が弱く、薬がないと生きていけない体質だったのですが、魔剣を手にしていると普通に、いや超人のように活動することができるのです。
ストームブリンガーが相手から吸い取った魂の活力に溺れ、ゲラゲラ笑いながら剣を振り回すところなぞ、悪い薬中毒患者にしか見えません。

大事な人を手にかけてしまったり、国を滅ぼされたりと、悲惨な運命を辿るエルリックですが、どうも可哀相な気になれません。
1巻ぐらいだと悲恋に同情する気もあるのですが、その後も出会う女性とあっさり良い関係になっていたりして、おいおいおいとツッコミたくもなるのです。
背負っているものが重いがゆえに、人を遠ざけているエルリックですが、女性はそういう謎めいた部分に惹かれてしまうのでしょうか。
美形で華奢で、巨大な黒い剣を振るえば超絶破壊力。しかも、心に闇を隠していてどんな美人にもなびかない。これは放っておくのが難しそう。ついつい自分だけには心を開かせてみたいって気になるかも。

7巻まで通して読みましたが、主人公よりも周りの人物に興味を持ちながら読んでいました。なかなか良いキャラ揃っています。
エルリックには言いたいことも色々と出ますが、作品としては楽しんで読むことができました。

メルニボネの皇子 (ハヤカワ文庫 SF 587) Amazonbk1
マイクル・ムアコック

意外にも今は入手困難になっているようですが、映画化の噂もあるので公開時には再刊されることでしょう。
その時は天野喜孝氏のイラスト、ぜひ他のイラストレーターに変えたりしないで欲しいものです。

追記:2006年3月に復刊されました。イラストレーターは変わっているようですが、訳の改訂もあるそうなので読んでみなくては。
メルニボネの皇子―永遠の戦士エルリック〈1〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違ったらしい。

春を迎えに行くつもりが、冬を連れてきてしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.10

ちょいと。

春を迎えに行ってきます。
…なーんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「火吹き山」と「バルサス」復活!

うっわ、懐かしい!
復刊ドットコムからのお知らせで、ゲームブックの金字塔『火吹き山の魔法使い』と『バルサスの要塞』が復刊決定したことを知りました。
洗濯女とか転がる円盤人(どっちもバルサスか)にまた会えるのです。
何気なく復刊情報を見て訳者が浅羽莢子さんであることを初めて知りました。
タニス・リーの「平らな地球」シリーズで麗しい日本語訳をされていた方ですね。
でも、装丁変わっているようでちょっと心配。挿絵も変わったのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.09

桜選曲集その後。

桜にまつわる選曲集に太字の曲を追加。曲順は下記の通りです。
外は猛吹雪です。春が来ないなら迎えに行くぞ?

  1. 桜の時(aiko)
  2. 春~spring(Hysteric Blue)
  3. さくら(森山直太郎)
  4. SAKURAドロップス(宇多田ヒカル)
  5. 椎葉の春節(ZABADAK)
  6. 桜(ZABADAK)
  7. 桜(河口恭吾)
  8. 桜色舞うころ(中島美嘉)
  9. さくら満開(モー娘。さくら組)
  10. さくらんぼ(大塚愛)
  11. 桃の花ビラ(大塚愛)
  12. (川本真琴)
  13. さくら(ケツメイシ)
  14. さくら さくら(SACRA)

ラストの曲はあの童謡の「さくら さくら」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.06

新作ストラップ。

03061破損したストラップをほどいて、新しいストラップに編み直しました。
リサイクルできるところもビーズの良いところ。
あまっていた勾玉ビーズと、チェコビーズを使ってみた。明かりに透けるとなかなかきれい。
簡単な編み方だけど、自分で配色も考えたので気に入っています。
しばらくはこれでいくぞ。また壊れるまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

京ぽんのストラップ破損。

愛用のPHS・AH-K3001V(京ぽん)に付けていた自作のストラップが壊れてしまいました。
普通、ビーズストラップの破損と言ったら、テグスが切れるとかつなぎ輪が歪んだというのが多そうですが、なんとシルバーパーツがぽきっと折れてしまったのです。
王冠型パーツの中に青スワロを入れてテグスで括っていたのですが、このテグスで切断されてしまったのでしょうか。恐るべし。
このスワロ入り王冠以外は気に入らない出来映えでしたので、新しいストラップをつくります。
シンプルな白い京ぽんに合わせたデザイン、どんなのがいいかなぁ。

bstrp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.02

積雪とブログ容量。

03023月といえば弥生。卒業式には桜の花びらが舞って…っていうのは関東より西のお話し。
まだまだ札幌は最高気温-3℃の本日、駅までの道には視界を遮る雪の壁があります。
“ココログの容量が増えましたね”記念で写真を貼り込んでみました。
ベーシックが30M→50Mになったそうで。
でも、わたしは1年と3ヵ月続けていても、まだ6Mしか使っていないので、しばらく大丈夫そう。
…更新の量が少ないってことでしょうか。

コンテンツがとっちらかっている本家HP「Alternative Stories」でも、まだ3Mしか使っていません。
…テキスト主体だからかなぁ。

一晩降る毎に厚みを増していく雪の壁のように、ファイルのボリュームは積み重なっていく。
でも、この雑記帳が50Mに達するよりは、ココログがまた容量を増やす方が先になるでしょうね。

あ、まだ@homepageの容量10Mのままだった。
20Mに容量増えたってメール来ていたけど、自動的にじゃなくて、変更ボタン押すことが必要だったんですね。まぁ、いいや。まだ使っているのが3Mだし。
HPとブログに関してはうちは温暖な気候らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »