« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.31

折り返し。

参観日はつつがなく終了。
さて、あと3つです。<ファイト!>が欲しいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.29

地下生活。

東京へ来てからこっち、劇団のある街以外にまったく出ていませんでした。
稽古場に泊まっているため、地下と地上を往復して、近所のコンビニ・スーパーに買い出しに行くぐらいで。
だんだん、日にちの感覚が無くなるし、ニュースもネットで斜め読みするくらい。
やっと今日になって時間ができたので、友人と吉祥寺を散策してきました。
久々なので、だいぶ店が変わっていてウロウロしてしまいましたが、外の空気を吸ってリフレッシュできました。
これから後半戦です。
明日はわざわざ北海道から父が観に来るので、ちょっと緊張するかも。
スタッフは緊張しても良いことは無いので、平常心で迎えたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

ハヤカワFTの1冊目は「妖女サイベルの呼び声」。

最近の海外ファンタジー小説は、ハリー・ポッターなどのようにハードカバーで出版されることが多くなっています。
じっくり読むには良いけど、通勤・旅行などにも持ち歩ける文庫の魅力は捨てがたい!
以前から海外ファンタジー小説を刊行しているハヤカワFT文庫、絶版になっている作品も多いけど、今読める中にも名作が多数あります。
さて、ハヤカワ文庫にはすべてシリーズ毎に通しNoがありますが、FTの1と言えばパトリシア・A・マキリップの「妖女サイベルの呼び声」です。

人界から孤立した館に独り暮らすサイベル、その周りにいるのはサイベルの呼びかけに応じる不思議な幻獣たちのみ。ある日、1人の青年が赤子を抱いて館を訪れ、静かな暮らしは終焉を迎えます。
王家の争い、もつれあう憎しみと愛情の渦に巻き込まれていった“妖女”サイベルは、人だからこその悩みに直面します。

後半からの復讐劇、ラストの決断に切なくなります。
ただ一つをのぞいて全ての謎の答えを知る猪など幻獣たちも魅力的。
そして、名前と呼び掛けを中心とした魔法観もファンタジーファンにはたまりません。
ゲド戦記がお好きな方なら、こちらも外せないでしょう。

4150200017妖女サイベルの呼び声
パトリシア A.マキリップ 佐藤 高子


Amazon
| bk1 by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRPGと演劇。

稽古中につらつらと思います。いわゆる演劇の演技とテーブルトークRPG(TRPG)の演技の違いってやつを。
よくTRPGは即興演劇のようなもの、って言いますからね。
(TRPGってなに?って方はコチラ

で、いつかまとめてサイトに載せようと思いながら、まだ果たせていません。
舞台に臨んでいる期間は考えることは出来ても、それを書いたり推敲したりする力が残ってないのです。
そして、日常生活に帰ると、稽古場で考えついたことはどっかに行ってしまうのです。

とりあえずメモ。
台本がある(セリフが決まっている)ことではなくて、舞台装置や照明・音響でもない。
一番の違いは、「観客がいる」こと。
その為に演出家がいるし、稽古が必要。
体験するためのものと、共感をよぶためのものの違い。

そんな感じです。突っ込んで聞きたいって方がいたら、また書きます。書ける時に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.23

変身。

地上3階から地下2階へ機材とセットを運び下ろす。
何度も往復しているうちに、脚の筋肉が張って、汗がにじんでくる。
会社勤めの鈍った身体が叩き起こされていく感じ。
積もっていた薄皮をバリバリと剥いでいく気がします。

まぁ、そういう極端なことをするともう三十路の身体には負担も大きいわけで。
ちゃんと普段から鍛えておかなくちゃなぁ、といつも思う。
久々にスピーカーを持ち上げる時とか。

ここと会社とでは呼ばれる名前も違う。
生活を切り替えていくのは、ちょっと変身する気分になれます。
身体を鍛えて鬼になるかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

八重桜も少しずつ。

yaeまた赤レンガ前を散歩してきました。札幌は昨日から二日続きの好天で、八重桜も咲き始めています。つぼみがふくらんでいる八重桜の木々が並んでいるところは、紅色に見えます。

散歩時はIXY-Lを首からチェーンで下げてジャケットの胸ポケットに入れてます。
いい構図だなぁと思ったらすぐに撮影。でも、後で見ると意外とおさまりが悪かったり、何の気なしに撮った写真がお気に入りになったり。そんなくじ引きのようなところも楽しい。
道庁前には富士フイルムのギャラリーがあり、無料で気楽に入れます。センスを磨いて、より「来た来たっ!」って写真を撮れるようになりたいものです。

平岡公園の梅も見頃だろうなぁ。チューリップもタンポポもいっせいに咲いて風景が彩り豊かになってきました。
これからが北海道の良い季節。
さて、明日から東京行きです。地下にこもってきますよ。ちぇ。

アルバムに写真追加

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.20

癒しのエゾヤマザクラ。

ezosakura このところ仕事運が悪く、いわれのない苦情や騙りの電話を受けて長時間取られてしまうことがしばしば。
お客様、(っつーか客じゃねぇし!)申し訳ございませんが、ご要望を承ることは出来かねます。(って何度も言ってんだろ、わかれよいい加減に!)
…と心の声と出している言葉が違う。
そんなやさぐれた心を癒されたくて、久々にうららかな昼休み、旧道庁の庭を散歩してきました。
先週あたりから咲き始めた桜ですが、ずっと寒い日が続いていたため、待ちかねていた1人花見でした。
咲いていたのはエゾヤマザクラが一本、圧倒的に多い八重桜はまだまだつぼみ。
写真をアルバムに収めましたので、ちょっとでも癒しのお裾分けができれば幸い。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

トラックバックへの対応。

 出流葉さんの蒼キ天ヲ翔ル思ヒ: 最近の検索ワードを読みました。

 昨日の新聞にブログ人口350万人という記事が掲載されていました。「ブログ」という1年半前には耳馴染みの無かった言葉もずいぶんと知名度が上がりましたね。
 でも、350万という数字がブログ数なのか、人数なのかはどうなんでしょうか?
 わたしも複数ブログ持ちですし、テーマ毎にブログを持っている方はけっこう多そう。異なるサービスを利用していたり、HNも変えていたりするとブログ「人口」は計るのが難しそう。

 リンクとトラックバック(TB)の違いは、出流葉さんの記事でご紹介されている通りです。 トラックバックを相互に成立させる為には先方にもトラックバックしてもらう必要があります。

 相互TBはそうですが、単に相互通行にする為なら、TBする記事を書いた人が記事内にTBされる記事へのリンクを貼れば1ステップで済みます。
 わたしはTBされた場合は、
 1:相手の記事を見に行く。
 2A:すでに記事内にリンクがあって相互通行できていればそのまま。その記事に何か言及したければコメント入れるか、新しい記事でTB。
 2B:リンクがない場合。その記事からうちに人が来てくれなくてもいいやと思えばそのまま。宣伝目的のスパムならTB削除。参考のためにうちへのリンク貼っておこうと思ったら、元の記事からTB。
 って感じの対応をしています。

 TBは新しい仕組みだから、ルールの標準化はまだされていないと感じます。
 管理人さんによってはコメント無しTBを嫌がる方もいますし、逆にリンクも特別な関連性も無さそうなTBでも、「TBありがとうございます!」ってコメントしている方もいるし。

 という感想を出流葉さんのブログでコメント欄に書いているうちに長くなってしまったので、TBにしました。
 コメントと記事では文章も構成も変わるものだと実感しているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.19

「水曜どうでしょう」的東京観光。

 「俺の、俺の、お・れ・の話しを聞けぇーっ!」ってクレイジーケンバンドの曲が流れるたび、なぜか高倉仮面氏の熱唱する姿が思い浮かびます。そんな場面に出くわした記憶はないのですが。
 そういや、彼とはもう10数年以上のつきあいになりますか。
 とことん遊びに本気になれる人で、今年もGWにこんな「遊び」をしてきたそうです。徹底的に。

よもだでええがね。: 東京23区くじ引きツアー【1】

 けっこう長い記事ですが、笑いながら読めてしまいます。
「水曜どうでしょう」好きの方、そうでない方もぜひ。
上のリンクは初回記事に張っていますが、5/18現在【6】までアップされています。ちなみに書いているのは高倉仮面氏ではありません。何かとお疲れ様です。

 そういえば、彼は10年ぐらい前に「青春18きっぷ」で札幌から東京まで友人たちと来たことがあったなあ。
その時にも、野宿時に見張りをたて、3交替制が一番きついってな冒険者体験感想を語ってたっけ。
それを青春の思い出とせずに、今も力いっぱい挑戦しつづける姿が好ましいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

憧れ。

p-ringビーズアクセサリーの一部をアルバムにアップしました。→

人の為にアクセサリーを作るのは、人形の為に服を作るのと根っこはつながっている気がします。
対象を思いながら、似合いそうな色や素材を考えて作ったりとか。
それらを自分が着けるイメージは全然無かったりとか。

子どもの頃から背が男子の平均よりも高く、男の子らしい趣味が多く、女の子グループの中に入るのは苦手。
アイドルは男性よりも女性が好きで、モー娘。なんかはデビューの頃からよく見てた。
どっかに、『女の子』に対して憧れとか、微妙なコンプレックスを残しているらしい。
職場では仕事の出来るクールな先輩と演じているつもり。内心かわいい女の子を見て「萌え~」とか思ったりしているのはナイショです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DQ8:船

プチ引きこもりな休日。近所に買い物に行った小一時間の他は家にいました。

DQ8、船入手。グラフィックは確かにすごいけど、フィールドから街とか、船とかの切り替えに時間かかるなぁ。
初代ドラクエの時に、プログラマーの中村氏が「優れたゲームでも切り替えが遅いとイライラしてダメ」という主旨の発言をしていた記憶があります。確かにファミコン版は「ザッザッザ」という足音とともにすぐ転換してました。
20年近い昔のこだわりは、演出重視の中で譲ってしまったのかなぁ。
ということを、読み込み時間の合間に思ったりしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.12

誰か止めて。

夜な夜なビーズを編む日々です。
集中力がそう長くはないので、いずれまた他の趣味に移るのはわかっているのですが。
わかっているのですが、ついつい買ってしまう。
一週間でリング、ネックレス、ヘアアクセサリーなど5つぐらいこしらえてしまいました。ongeki そして余りビーズで作ってしまったのがこれ→
オリジナルはこちら
なかなか、それっぽく見えませんか?
今回は余り物で作ったけど、あとアレとアレがあればより本物らしくなるぞ。太鼓部分は編んで作るか、いやこのサイズならネックレスよりピアスの方が良いか。でも、穴開けてないし。いっそ烈風も作るか。
と、ドリームが拡がっています。

そんな折り、やしちが仕事帰りに買ってきたのがこれ。
nibihebi

ディスクアニマルもきれいでいいかも。
ニビイロヘビなんか簡単そう。

制御判定に失敗しまくってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.05.11

「ナルニア国」はマイナー?

休日、ねぼけ眼で「情報ツウ」を見ていたら、「ナルニア国ものがたり」映画化の話題を取り扱っていました。
来年3月公開予定。
日本では馴染みがなさそうなので、今から予告編を流している。
世界中で8500万部売っている。世界3大ファンタジー小説の一つ。
(ここで、「えぇー、読まなくっちゃ!」の声)

ふんふん、と見ていたら、3大ファンタジーとは、「ナルニア国ものがたり」「ロード・オブ・ザ・リング」、そして「ハリー・ポッター」!
…3大ファンタジーと言われたら、先の2作品と「ゲド戦記」じゃないんでしょうか。
合わせて「ハリー・ポッター」4作目の映画化紹介もされていたので、その前フリかも知れないけどさ。

しかも、「ハリー・ポッターは今書かれている作品だけど、こちらは'60年代でしょ? 時代が違うんじゃないかなぁ」なんて冷ややかなコメントもあり。そんなこと言ったら「指輪物語」はどうなるんだ?

だいたい、ファンタジーファンで「指輪物語」を映画化前に読んでいる人なら、「ナルニア国ものがたり」も知っているはず。児童文学のコーナーにある本で文庫化されていないから、読んでいない人は多そうですけど。
世界中で読まれているという日本的なPRには、まったくファンタジーを感じませんでした。
悔しいので映画は見に行くつもりです。

※参考リンク
ナルニア国ものがたり/AMAZON
ナルニア国物語情報館-

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.08

鬼の名は。

「今週の響鬼、オープニング曲がエレキギター演奏だったよねぇ?」
「そうだっけ?」
「やっぱり、斬鬼さん主役の回だからかなぁ。威吹鬼登場の時もアレンジ変わってたし」
「あー、そうかも」
「で! CDではさ、ギターの次にストリングス演奏版があるのですよ。っつーことは、バイオリン使う鬼が出るかも」
「すると、その名前は…」
「弦鬼!」
「…ハツラツぅ?」

* * * * * * * * * * *

「鬼になった人は、名字と名前が同じ音で始まるという法則っぽいのですよ」
「じゃあ、安達明日夢君も鬼になれるわけだ」
「名前の法則上はね。でもアキラちゃんも『あ』でかぶるよね」
「『あ』から始まる鬼って何だ?」
「あ、あー、あ…?(考え中)」
「明日鬼ー」
「いや、ありえないから!」

そんな日曜夜の夫婦の会話。
とっさに「べーしっ君」が思い浮かんだあたりが重症。

※参考リンク
仮面ライダー響鬼
村をんなの日常: 今週のマジレン&響鬼(4月3週目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

やしちの土産。

hirosaki GWに帰省していたやしちが帰ってきました。お土産は「いのち」という和菓子の季節限定さくら風味と、弘前城公園で撮ってきた写真。
しばらく眠っていたOLYMPUS C-300で撮影してきてくれました。
右の写真をクリックするとアルバムがご覧になれます。
いつもはGW後半から咲き始める札幌の桜、今年はまだまだです。
やっとツツジが咲きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.05

DQ8:もぐらの巣

船を手に入れる前のイベントをクリアしたところです。

黒の城では、主人公につけた名前と同じ名のメイドさんがいました。最初は何かシナリオイベントなのかと思ったけど、どうやら偶然のようでがっかり。

悪人の街での泥棒には参ったけど、「どこへ行ったーーっ?!」と他人の家に入って、とりあえずタンスを開けたりツボを壊したりして小金を拾ってました。悪者はどっち?
今までのシリーズでもやってたことだけど、リアルなグラフィックになるとすっごい違和感です。
いずれオマエが捕まるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

トパーズ色のハート。

topaz ビーズアクセサリーを作り始めた頃につくったのが、このハート形スワロのネックレスでした。
今もヘビーローテーションしているし、母親と上司にもリクエストされて色違いを作ってあげたり、と簡単にできるわりに好評です。

最近になってポールタウンにビーズショップがあることに気付きました。
しかも、行きつけのビーズショップよりもかなり安い!
ハートのスワロが2個で90円、ネックレス用のチェーンも100円前後でした。
春ですし、暖色系のも欲しくなってトパーズ色のビーズと鈍い金色のチェーンを購入。
通勤にもOKなシンプルなものと、ちょっと手をかけたものと2種類作ってみました。
手をかけた方は、適当に編みながらデザインを決めたので、身に付けてみるとちょっと違和感。
結局、シンプルな方が活躍しそうな気配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花ひらくお茶。

先日購入したマグカップで、色鮮やかなハーブティーを淹れてみました。
ロフトで購入した「パソコンの目の疲れに」というお茶で、ローズバッツ、オレンジピール、ハイビスカス、ローズヒップなどが入っています。
お湯を注ぐと少しずつ花びらが開いていく様子が目に楽しい。
少し酸味が強い味なので、お茶菓子が欲しくなります。

redtea

昨日からやしちが連休で実家に帰っています。たぶん、今頃は友だちとN◎VAなどを遊んでいることでしょう。
1人の休日は、美容室へ行ったり、ビーズアクセサリーを作ったり、ドラクエ8をしているうちになんとなく過ぎていきます。
今年は連休無し。月末に東京行きがあるのでおとなしく働くことにしました。
…って、1年前も同じことやってたんだ、と過去をふりかえって苦笑。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.01

大きいお友達な日曜日。

いつも通り、日曜日は「仮面ライダー響」と「マジレンジャー」の録画VTRを見ています。
で、今日はさらに響の主題歌「少年よ」(布施明)のCDと「デカレンジャーvsアバレンジャー」DVDを借りてきました!
まず、「少年よ」ですが、「ぼく、安達明日夢は~」から始まるナレーションのBGM、あそこからイントロになっていたんですねぇ。そして、間奏の太鼓が熱い! これはドライブの時にかけると一気に眠気飛ばせそう。
そして、Vシネマの「デカレンvsアバレン」は、想像以上の盛り沢山な構成。
アバレンは放送時ちょっとしか見ていなかったのですが、ちゃんと見たくなりました。
ボスが整体されちゃうし! 総勢12人で名乗るし! ウメコときめいちゃってるし!
来年には「マジレンvsデカレン」、きっと見てます。
そんな日曜日、明日からは普通に働きます。

仮面ライダー響鬼テーマソング「少年よ」
布施明 藤林聖子

by G-Tools
特捜戦隊デカレンジャーVSアバレンジャー
特撮(映像) 八手三郎 坂本太郎 載寧龍二

by G-Tools

| | コメント (3) | トラックバック (0)

WEB関連書籍のストック。

PC関連の書籍は一冊2000円前後となかなか値が張ります。
しかも、WEBを取り巻く技術はあっという間に古くなっていく。
気になることはネットで調べた方が良いかもしれない。それでも本を買ってしまうのは、お金を出すことでやる気を呼び起こす効果も狙ってます。
ホームページ作成してからずいぶんWEB関連書籍は増えたのですが、今も読み返す本はごくわずか。
ちょっと、並べてみましょうか。

愛用本

A Better Design Webページ リ・デザインブック
A Better Design Webページ リ・デザインブックII
山本 容子

by G-Tools
一番よく読み返している本です。
リフォームのTV番組のように、ホームページをよりかっこ良くしたいという依頼人の「Before」と、デザイナーが手がけた「After」の違いを楽しめます。
情報をどうカテゴライズして、どうデザインするか。
サイト製作の技術よりも方法・考え方に焦点を当てているため、刊行から月日が経っても参考になります。

スタイルシート スタイルブック
有坂 陽子 長谷川 恭久

by G-Tools
CSSを使ったデザインをさらに一歩進めたい時に出会った本。うっわ、こんなことまで出来るのか!と。でも、まだ実践してません。旧ブラウザ使っている人が身近に多くて…。
HTML+CSS Webデザイン・スタイルガイド
エ・ビスコム・テック・ラボ

by G-Tools
リファレンスとして手元に置いています。HTMLはだいたい覚えたけど、CSSは覚え切れません。同じ表現をHTMLで書く場合と、CSS使う場合と両方書かれています。
ドット絵職人
Suguru.T

by G-Tools
WEB上で連載されていた時からのファンです。これでドット絵にはまりました。
Webデザインのためのデジカメ基礎講座
内田 広由紀

by G-Tools
人物、小物、自然風景など様々なモチーフをどのように撮れば「らしく」見えるかを集めた本です。コンパクトデジカメでも明かりの当て方や構図でずいぶん本格的ぽい写真が撮れるものです。


気になる書籍
 いつも書店で手にとっては悩んでいる本です。

標準デジカメ撮影講座久門 易
 「Webデザインのためのデジカメ基礎講座」より凡例が多い!
ノンストレス・WEBボタンデザイン武田 瑛夢
 WEBサイトのナビゲーション部分に注目している本。
スタイルシート スタンダード・デザインガイドエ・ビスコム・テック・ラボ
 スタイルシート スタイルブックとどちらを買うか迷いました。


…実際にはこの2倍以上の本を買っています。金額を考えると頭が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »