« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.25

1/6のアクセサリー。

昨年はビーズアクセサリー作りにはまっていたので、半端な余りビーズがたくさんあります。
もしかして、これ、使えない?
と思いついて、さっそく作ってみましたジェニー用ネックレス3点。

Elie

ブレスレットとネックレスを自分用に作った余りビーズを活用。
オリーブグリーンなので、この服にはよく合っています。
9ピンとCカンでつないで、後ろは曲げた9ピンと丸カンで留めています。

Closs

ストラップを作った時の残りクロスをキーホルダー用のチェーンに通しました。
チェーンの端の処理はとりあえず普通のボールチップを使いました。90度角度が違うけどちゃんと留まりました。

Necklace

キャッツアイ3mmとシルバーパーツのネックレス。
作りながら考えて一番時間がかかったけど、あまり良い出来ではありません。
やっぱりデザインをちゃんと決めてから作らないと。

自分用には甘すぎるビーズも、彼女たちなら着こなしてくれるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.23

まわりくどい。

信号

通勤路にある信号の注意書き。
いつ見ても意味がわかりにくい。
要は、深夜0時~6時の間は押しボタンを押して渡りなさいよ、ってことなのでしょうが。
これ、ここ数カ月の間に変わって新しくなったものです。
以前の方が短くてわかりやすかった。
なぜにこんなにまわりくどい表現になったのかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

お人形専門店に行ってきた。

札幌市内にはドール専門店はないのかな、と思っていたら、ありました。
しかも、わりと行きやすい場所に。
亜古人形店(アコドールズ)というショップ、小さいけれど商品が充実しています。
緊張しながら入店し、ジェニー用のウィッグ、スタンド、カチューシャ、パフェ、「Dolly*Dolly」(本)を購入してきました。
もちろん、SD、ミニSD、ブライス、プーリップ、momoko、バービーなどたくさんのお人形がいました。
ううむ、これでますます世界深めてしまったらどうしよう…。

Dolly Dolly ドーリィ*ドーリィ (Vol.10)   お人形MOOKDolly Dolly ドーリィ*ドーリィ (Vol.10) お人形MOOK
グラフィック社編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「Dolly*Dolly vol.10」はタカラトミー特集、別冊付録に東京のドール取り扱い店がまとめられています。
7月の旅に持って行く予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.20

なにかやってる。

なにかやってる道庁前 0520b

今週は札幌の方が本州より熱いんじゃないかってくらい晴天続き。
そろそろ見頃の八重桜を楽しみに、休憩時間に旧道庁に出かけたらこの光景。
「北の恵み 愛食フェア」だそうです。
老若男女大集合なので、まったりランチは諦めました。
来週、まだ花が咲いているといいな。

写真差し替えしました。あの花のアーチはなかなかみごと。

0520c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

あれもわたし、これもわたし。

Dolleve 感動のコンサートが終わり、知人の皆様にご挨拶してから、札幌市を横断して琴似駅まで向かいます。
目的はドール1/6計画。そう、お人形のイベントです。
個人やサークルの方が、腕によりをかけてこしらえたジェニー・リカサイズの洋服や小物を売る即売会です。
人形に関心の無い方には意味不明かと思いますが、他にバービー、ブライス、プーリップ、momokoなどがあり、22cm~29cmくらいのドールを対象としているようです。
週末3日間の開催で、初日は仕事帰りに行って15分だけ見ました。
その時には、スタジオ Sさん製作のワンピースとカーディガンとデニムパンツのセットを購入。
後ろ髪引かれる思いでしたがタイムアウト。
で、今日のコンサートは夕方前には終わることがわかっていたので、地下鉄1日乗車券も抑え済み。
いそいそと会場へ向かい、散々迷ったあげくプチアミさんのカーキパンツのセットを買いました。

Jen05 Rie05

どちらも縫製がとても丁寧で、ほれぼれしながらじっくり見てしまいました。
今は茶髪ツインテールのジェニーにワンピースを、リエにパンツセットを着せています。

その後、会場の近所に住んでいる友人宅を久々に訪ねました。
たまにこのブログは見ているようで、こんなにオタクだったとはねぇ、と言われたり。
しばらくどうでもよいバカ話に花を咲かせたり。

1日のうちで別人のような行動をとっていますが、それもわたし、これもわたしなのです。
あの時、会場に展示されていた、クラシカルなケープとジャンパースカートを着たミツキ、かわいかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしにつながる歌。

ある歌手のコンサートに出かけてきました。
それは、コンサートと言って想像されるようなきらびやかなものではなく。
保育園の明るいホールに、ゴザと椅子を並べた客席に、簡単なセッティングのマイクとピアノがあるだけの、客席と同じ高さのステージ。
そこで歌うのは80歳になられる男性の歌手、そして介添えの奥さん。
アコーディオンとピアノをバックに歌うのは、彼が数十年にわたって歌い続けてきたロシア民謡や、人々の中で大事に歌われてきた歌たち。
彼は数年前からご病気で、要介護4というレベル、日常生活も困難なほど、記憶を留めておくことができなくなってしまっています。
でも、歌を歌う。
それも、明るく澄んだ伸びやかな声で、遊ぶように歌う。時に強い勢いをこめて歌う。
側に付く奥さんは楽譜を指差しながら、歌い出しをご一緒に歌う。
歌っている時の彼は、とてもすべてを忘れてしまうようになんて見えない。
そして、わたしたちとは違う次元で歌われている。
Ume

彼は太平洋戦争の一番最後の年に19歳で徴兵され、その8月に満州の戦地に行き、すぐに終戦になり捕虜になった。それから4年以上、シベリアに抑留されたという。
そこで強制労働をさせられていた男たちの中で慰みに唱歌を歌ったのが、後に歌い手として活動されるきっかけになったそうです。
それはわたしの母方の祖父にかなり似ていて、違うのは祖父は身体が丈夫では無かったので最後の年に徴兵されたこと、だからすでに新米の兵士としては年上だったこと、音楽ではなく演劇の脚本を書いていたことぐらい。(祖父のことは以前こちらに書いてます)
だから、彼が歌う歌や、彼の代わりに伴奏の方が語り継ぐ経歴を聞くにつけ、祖父のことが思い出されました。

最後の方で歌われたのは、子どもの頃から知っている歌でした。
たぶん、他の同世代の人は知らない歌、わたしの父が好きでよくレコードをかけていた曲でした。

   けれどもわたしは ここに生まれた
   けれどもわたしは ここに育った

意味もわからずに、例えばドラえもんの主題歌を歌えるようになるのと同じように、自然に歌える歌でした。
その歌詞を噛みしめることができるのは、やはり30代になった自分なわけで。
しかも伴奏をされているのは、そのレコードでもピアノを弾いている方でした。


戦争をくぐってきた祖父の歴史が母からわたしにつながり、教育の活動をしてきた父の歴史があり、そして今までの道を選んできたわたしが、今日この歌を聴いている。
少しぐらい涙が出てもかまわない。
人間ってすごいな、と感じる巡り合わせに出合えたのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

桜の季節に。

もう全国的には過ぎ去っている桜の季節ですが、札幌は今が盛りということで、ひとつ。
ミシン到着の日に仕上げた桜柄の和風ドレスです。袖と帯を外すとタイトドレスになります。
最初から手縫いで縫い目を出さないように仕立てていたので、到着したミシンは帯を作る時しか使いませんでした。
でも、固い帯揚げのリボンを縫うのに機械の力できたのはありがたかったです。

和風ということで、モデルは元々着物を着ていたサユリ姫。
ちょっと小首をかしげることができるボディなので、仕草が色っぽいです。

サユリ サユリ

一応、桜の季節に間に合ってホッとしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.09

似たもの同士。

0509今日も昼食後に道庁前庭へお散歩してきました。
ほのぼのと桜を眺めていると、前の部署で仲良くしていたOちゃんがお弁当持ってきました。それも1人で。
考えることはいっしょだね、と笑って桜を見ながらおしゃべりと食事に口を働かす。
この写真はその時に座っていたベンチから見えていた風景です。

どうも、わたしの友だちは、同じように1人遊び得意な人が多いようです。
あと読書好きで音楽は独自の好み有り。
似たもの同士で集まるってことでしょうか。

桜の写真、昨日に引き続きアルバムに追加です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

桜を見ながらランチ。

0508cGW、しっかり暦通りに休みをもらっていたけど、ほとんどミシンを踏むか実家に行ってました。
今日からの出勤で久々に市街中心地へ。
あまりに天気が良かったので、昼休憩は旧道庁(赤レンガ)前庭へお出かけ。
昨日でしたか札幌でも桜開花宣言が出たのですが、意外としっかり咲いてました。
北海道のコンビニ・セイコーマートで買ったジンギスカン弁当を食べつつ、観光客といっしょに桜を愛でるランチ。
ええ、1人で行きました。独り遊びは得意なのです。

Photo Aに桜写真を追加。下の方が道産子の桜。ついでにPhoto Bにビーズ写真1点追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.07

明かり変われば。

写真を撮る時、照明の当て方を変えるだけで、ずいぶん変わるもので……。

↓は、新しいミシンでサテンやオーガンジーなどの難しい素材も縫ってみよう、ということで仕立てたウェディングドレス。
天使なマリーン

太陽光だけで、白いコピー用紙をクリップボードに止めた簡易レフ板を使ってます。
ちょっと露出上げ目にしているので白トビ気味ですが、優しい雰囲気になりました。
マリーン(茶箱)の甘い雰囲気とあいまって天使のよう(親バカ)。

そして夜、武具のミニチュア「武(もののふ) ~陸編」を見ていて、つい魔が差してやってしまったのが↓。

キルビルなリナ キルビルなリナ2

部屋の明かりを消して、側面からの蛍光スタンドだけで撮影しました。レフ板も無し。
陰影がなんとも怖ろしい。「キルビル2」風味を狙ってみたのですが、怖すぎですリナ様。
剣が「十握剣(とつかのつるぎ)」という古代のご神体なので、ちょっと日本刀らしくないのが惜しい。

ちなみにどちらもスポット測光で撮ってます。
コンパクトデジカメ(IXY-L)ですが、明かりが変わると同じドレスでもこんなに違う風味になりました。
これは研究してみるとさらに楽しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

ムーミンのマシュマロ。

近所のヴィレッジヴァンガードで捕獲しました。「ムーミンホッペ」という商品名です。
バナナミルク味で、ムーミン形のマシュマロってことですが……横向きに走っているムーミンでしょうか。なんともゆるい形です。
「ムーミンの優しいお肌のようなマシュマロです」
というコピーが書いてありましたが、ちょっと舌触りは粗め。サメ肌のムーミンか?
スノークのお嬢さん(フローレン)のもありました。そちらはイチゴミルクらしいです。

Mash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラブ and ベリー」って言うんだって。

1年ぐらい前からちょっと気になっていた、女の子たちが群がるあのゲーム、「ラブ and ベリー」と言うそうな。
よくスーパーのゲームコーナーや、ゲームセンターの親子向けゾーンで、熱心にカードホルダーを開いたり、ゲーム機のボタンを連打している姿を見ていたものです。
今朝の「ベリサタ!」で特集されていて、やっとモヤモヤが晴れました。

オシャレ魔女 ラブ and ベリー 公式ホームページ

ファッションやヘアスタイルが印刷されているカードを集め、バーコードをゲーム機に読み込ませると主人公の女の子がそのファッションをまとい、オシャレ度を競う。
さらに、音ゲーの要素もあって、曲に合わせてボタンを叩くことで女の子がダンスをし、その出来によって総合点が左右される。
1ゲーム100円で、コインを投入すると新しいカードが手に入る。
単純に考えると、20枚カードを持っている子は2000円つっこんでいるわけですね。
バーチャルな着せ替え人形にゲーム要素も入れているのだから、そりゃあはまるわけです。
そして、カードのファッションと同じデザインの子ども服も売り出されていて、高価なのに完売したりするそうです。
メゾピアノ(キッズ服ブランド)のスカートで9800円とか。そんな価格の服、子どもの頃に着たことないですよ。

ジェニー、リカなど着せ替え人形が売れなくなっていると言いながら、一方ではこんなブームが過熱しているのですね。タカラトミーさんにも頑張って欲しいものです。
9800円の服は集められないけど、980円の服なら集められそうじゃありませんか。
ゲームの主人公はジェニーたちと同じぐらいの年齢層だし、お子様には似合わないデザインの服もあるのだから。
同じデザインのカードを同封したドレスセットとか売れそうな気がするのですけどね。セガのゲームだと難しいかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

プリンのなぐさめ。

Prin実家に泊まって帰ってきたら、JR駅前の駐輪場に止めていた自転車が無くなっていました。いや、移動されたとかじゃなくて。
しばらく探したけど無いので、あきらめて徒歩20分弱の道のりを歩く。
途中、近道しようとして段差を越える際に、目測を誤り膝小僧を痛打、悪態をついてみたり。
こんな時は甘いもの、と近くのお菓子やさんで桜豆乳プリンを買いました。
大好きな桜味+豆乳でプリン!
ほんのりした甘さに癒されました。
今夜はカマンベールチーズにも癒してもらおうっと。やしちのいないうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

ミシンを買いました。

Misin
ずっと人形服を作っているクセに、自分のミシンは持っていませんでした。
友人や実家から借りて、使い終わったら返していたのですが、さすがにそろそろ自由に使えるミシンが欲しい。
店舗やネットで情報を集めて、ミシン一番で購入。

大きな買い物をネットで、しかも楽天市場で、というのはけっこう躊躇したところ。
でも、ミシン専門店に行くと10万円のミシンを薦められて手頃なミシンには近寄れない雰囲気だったので、もういいやと思ってしまいました。
ここの店舗はメールで質問すると1日中で返答が来たし、注文したらこちらは北海道なのに2日で届きました。今までのネットショッピングで最速だと思う。

ジャノメ電子ミシンE・4000

ジャノメのモナーゼE-4000という機種で、定価は120,750円、わたしが買った時の売値は税込36,500円(フットコントローラー、ワイドテーブル等付属)。他の店舗では4~5万円台が多かった模様。
当初は2万円台のコンパクトミシンを考えていたけれど、小さいと振動や音が大きいというショップ店員さんからのアドバイスを受けて、予算をちょっとアップしました。

試し縫いをしてみたら、そのまま勢いでスカートに仕立ててみたり。
さらにブラウスとリボンも作ってしまったり。
一通り試してみましたが、うん、なかなかよい感じです。

0503b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »