« 今あえて二槽式。 | トップページ | 手紙を捨てる。 »

2007.10.08

洗濯機の選択。

昨日、新品の二槽式洗濯機が届きました。
今まで使っていた全自動洗濯機はリサイクル料払って引き取られていきました。さようなら、11年間ありがとう。
納品時に設置サービス有りでしたが、二槽式の場合は置くだけです。近くの蛇口から洗濯機にホースでつなぐだけだし。

で、さっそく溜まっていた洗濯物を仕分けして、2回分やってみる。
石けん洗い+ためすすぎ2回を2サイクルで1時間弱。
全自動だと1サイクルで40分はかかるので、だいぶ短縮してます。

今日はセスキ炭酸ソーダで洗い+ためすすぎ1回、脱水終了まで15分くらい。はやーい。

もちろん洗濯槽から脱水槽に移す手間とかはあるし、水を出しっぱなしにしないように手はかけなきゃいけない。
でも、トータルの洗濯時間が早く済む方がうれしい。

うちの場合、洗濯には主に粉せっけんを使っています。
今年の春までは液体石けんだったけど、イマイチ汚れ落ちが悪かった。
たぶん、合成洗剤で洗濯するのと同じ感覚で、洗濯物と水を入れてから洗剤を入れていたからだと思う。
今年から粉石けんに切り替えて、全自動でも最初に少なめのぬるま湯で3分間泡立ててから、いったん電源を切って、洗濯物と水を足して洗濯するようにしました。これで、汚れ落ちはだいぶ良くなったけど、全自動とは言えないほど手間をかけてます。
すすぎの時にもお風呂からぬるま湯を汲んでくる為に、いちいち一時停止をしたりしてたし、2回目のすすぎにはクエン酸を入れるのを忘れないように、すすぎ工程がどこまで進んでいるか気にしてました。
そして、簡単な洗濯の時にはセスキ炭酸ソーダを使うようになったけど、2回目のすすぎが不要になるので、1回目の脱水が終わる頃に電源を切って強制終了させていました。

こういう使い方を全自動洗濯機でも好きなように登録してできれば良いのだけど、そういう機種が見あたらず。
節水機能をうたう機種だと、粉石けんとは相性が悪そうだし。
チャイルドロックなんかかかる機種だと、途中で蓋を開けるのが大変そうだし。
そんなわけで、二槽式洗濯機を選択と相成りました。
昨年までなら、洗濯は全自動でも面倒なのに、石けんを溶かしたり何だりと手をかけるなんて嫌!と思ったけど、汚れがちゃんと落ちる洗濯はけっこう楽しい。
たぶん、二槽式洗濯機はシンプル機構なので、また10年ぐらいおつきあい出来るんじゃないかな。

|

« 今あえて二槽式。 | トップページ | 手紙を捨てる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たらいと洗濯板というわけにはいかなかったか…笑

汚れによって使い分けができると、より一層きれいに
なるんですけどね。
その辺は化学の知識を駆使してということになるので
しょうが。

投稿: 通りすがりのネコ | 2007.10.13 18:58

さすがに洗濯板までは!
でも、子どもの頃はおむつ洗い用に使われてましたね、普通に。
量と汚れ具合に応じて調整してるから、手はかかるけど面白いです。冬は冷たそうだけどねぇ。

投稿: うらべっち | 2007.10.17 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/16695873

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機の選択。:

« 今あえて二槽式。 | トップページ | 手紙を捨てる。 »