« ハロウィンしろくま。 | トップページ | さらば電王……? »

2008.10.06

「グーグーだって猫である」。

大島弓子原作の映画「グーグーだって猫である」を観てきました。
彼女の作品の中でも、同居猫サバとの暮らしを描くエッセイマンガが好きだったので、サバが他界し、作者もガンの手術をされたことを知り、けっこうなショックを受けたものでした。

映画「グーグーだって猫である」は、その後また猫と暮らし始めた生活を描くエッセイマンガを映画化したもの?
予告編を見て、ぜひ観たいと思ってました。小泉今日子が演じる作者役(作中では小島浅子)像にも興味があったし、上野樹里は好きだし。
もちろん猫は大好きで、ぜったいに猫映画を観たら泣く自信がありました。ハンカチ忘れたので、途中で購入してから劇場へ。

誕生日記念にスタンダードなデートをしようと計画して、やしちと2人で映画館へ。
直前まで「仮面ライダー電王」と「デトロイトメタルシティ」に誘惑されたけど、ここはスタンダードに。

映画はとてもよかった。原作にまったく忠実というわけではなく、麻子先生とグーグーを取り巻く人間たちのドラマで、大いに脚色されてました。大島ファンが原作を元ネタにしてドラマを作りました、という感じ。
猫か、大島弓子作品か、吉祥寺のどれかが好きならおすすめできる映画です。全部好きなら、とっとと観に行きましょう。

それから、レストランでお祝いの食事をして、帰りに原作の単行本を一冊買ってもらいました。こちらはやっぱり淡々としていて、人間ドラマの部分は全部映画脚本なのねと思います。サバは擬人化されてましたが、グーグーたちは猫として描かれてます。

音楽は細野晴臣氏、ラストのクレジットを見るとコシミハルも関わっているようです。

猫、また飼いたくなるなぁ。アパートはペットNGなのに、隣には美しい猫がいるのです。
たまに外階段で会って見つめ合ってしまう。

|

« ハロウィンしろくま。 | トップページ | さらば電王……? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

だいぶ遅くなったけど、お誕生日オメ!!birthday
「グーグーだって猫である」面白そうだね~。でも早く行かないともう終わっちゃいそうだなぁ。

今週なら夜の回もあるし、やしちさんと3人で電王観に行こうよheart私は金・土と日曜の夜だけ用事あるけど、他は空いてます!

投稿: 八千代 | 2008.10.07 10:55

>八千代さん
ありがとん!
電王、木曜日のやしちが上がり遅くなければ行こうかなhappy02
また連絡しまっす。

投稿: うらべっち | 2008.10.08 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/42699912

この記事へのトラックバック一覧です: 「グーグーだって猫である」。:

« ハロウィンしろくま。 | トップページ | さらば電王……? »