« フィンランドで美味しかったもの。 | トップページ | もうはや一週間。 »

2009.01.20

こんなにもジャパニーズ・サブカルチャーが!

まぁ、見てください。この本棚の写真。

Comics

ナウシカはすぐ分かりますね。あとドラゴンボールや、NANA、犬夜叉、デスノートなどのメジャータイトルもあれば、よつばと!、ヘルシング、怪物王女なんて作品も並んでいます。
これ、ヘルシンキの都会の書店ではなく、ラップランドの人口約4000人のイヴァロの、さらにコンビニのような店にあったコミックコーナーです。
どんだけ隅々まで浸透しているんですか、ジャパニーズコミックス!
本当に、これらのタイトルはほとんどどこに行っても見かけました。
中味のフキダシはフィンランド語になっています。擬音はオリジナルの上に、小さくふりがなのようにアルファベットの擬音が描かれていました。それも、ちゃんと絵の雰囲気に合わせて描かれています。
うーん、読めないからと買わなかったけど、何か一冊ぐらい買えば良かった。
ヘルシングとか色々と宗教的にまずいんじゃないかと思うタイトルもあるわけですが、どんな風に読まれているのか。


一方こちらはヘルシンキのデパートにあったゲーム売り場。

Games

子どもたち、普通にニンテンドーDSやプレステ2、wiiで遊んでいるようです。
そう言えば、空港に待機させられた時も、DSで遊んでいる子どもがいたなぁ。

オタク向けショップじゃなくて、こんなにも身近なところで意外なタイトルに出くわすと、うれしくなるというよりうろたえます。
世界各国でこんな感じなのか。特別フィンランドがマイナーなジャパニーズコミックス好きなのか?
どちらにしても、思ってた以上に日本の文化は愛好されているもよう。それもコミック、アニメ、ゲームなどのサブカルチャーが、ね。

|

« フィンランドで美味しかったもの。 | トップページ | もうはや一週間。 »

フィンランド旅行」カテゴリの記事

コメント

私は海外旅行に行くと、たいてい漫画と三国志演義を
本屋さんで買いますね。
あとは、ゲーム雑誌やPC雑誌とか。

読めなくてもいいんです。面白いから。

以前、コスプレとかそういう話でフィンランドの人も
参加していたので、案外熱烈なんじゃないでしょうか。
そういや、ヘルシンキの市立美術館で漫画展のような
イベントもやっていたようですし…

投稿: 通りすがりのネコ | 2009.01.20 18:46

三国志演義は小説を買うんですよね?
全然読めない言語の本を買うのはなかなか勇気が要るなぁ。
フィンランド、意外とオタク文化に強そうですね。フランスやドイツで人気なのは知ってましたが。他の北欧はどうなんでしょうね?

投稿: うらべっち | 2009.01.21 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/43795926

この記事へのトラックバック一覧です: こんなにもジャパニーズ・サブカルチャーが!:

« フィンランドで美味しかったもの。 | トップページ | もうはや一週間。 »