« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.23

3ヵ月、初めての予防接種。

2ヵ月過ぎたら、あっという間に息子は生後3ヵ月になった。
この頃はアピールがけっこうはっきりしてきていて、何となくコミュニケーションができつつある気がする。
首もここ1週間でほぼ据わり、抱っこが楽になった。
1ヵ月前は溜めウンチ君だったが、今はブリブリ左右衛門だ。布おむつ洗い初心者に1日10回ウンチとかは、試練を与えているとしか思えない。

さて、3ヵ月に入ったら始まるのが予防接種。
昔、先の尖った物が苦手になった時期があり、今もテレビの注射シーンを直視できないわたしにはこれまた試練だ。
小児科に予約を入れて、息子を車に乗せて、いざ病院へ。1人で病院に連れて行くのも初めてなので、色々とイッパイイッパイだった。
息子はずっと寝ていて、医師の問診の時も寝ぼけ眼。
わたしの腕の中で看護師さんにもギュッと抑えられて、二の腕にプスッ!
「うわぁぁん!」
と叫んだところで終了。早っ!
泣くタイミングを逸した息子は、その後なぜか待合室でニカニカしていた。

下痢については整腸剤を処方されて様子見に。まぁ、普通に元気だからあえて病院にかからなかったくらいだし。
薬局の方に、粉末薬を微量の白湯でペースト状にして、指で口の中に塗って飲ませるやり方を教わった。
帰ってきての授乳前にさっそく挑戦。
白湯をちょっと……ドボッ!
あぁ、ただの水薬になってしまったよママン。って、ママンはわたしか。
それをおっぱい求めて泣いてる息子の口に指で塗ってみるが、分量が増えているのでらちがあかない。
もしかして、このまま飲めるかも? と、薬を溶いた器をお猪口のように付けてみたら、ごくごくと飲んだ。なんだ、イケる口じゃないか。

ということで、三種混合1回目終了。DPTをDDTと言い間違えてしまいそうになるのはお約束だ。
これからDPT2回目、BCG、ポリオだのなんだのと、予防接種が目白押し。
一覧表に書かれている「Aは生後○ヵ月~○ヵ月に○回、接種後に他の予防接種を受けられるのは○日後、Bは……」というパズルのような情報をカレンダーと組み合わせて、粛々とこなしていくのだ。
もし保育園に当選したら最短4月からの仕事復帰になる。早め早めに粛々とね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.02.12

故きを温ねて?

あと10日もしたら3ヵ月だなぁ、と百日記念の写真撮るかどうか検討中の今日この頃。お食い初めとかって、そんなにみんなやってるのかな? 恵方巻きみたいに、北海道ではやっていなかった風習も、雑誌やネットで拡がっているんじゃないのかなぁ。まぁ、何でも楽しいことはやってみて良いとは思うけど。

今月から布おむつを取り入れてみてる。エコとか経済的とかは分からない。洗濯増えるし、おむつカバーなどの初期投資もあるし。自分が布ナプキン使っていて心地よいからやってみているのだけど、息子本人がどう感じているかは聞けないのでどうだか。

息子を抱っこするためのスリング、買ったものがややかさばるので、自作もしてみた。

スリング

スリングと言うと新しいものみたいだけど、日本だったら兵児帯とかおんぶ紐でずっと赤ちゃんを身体に付けていたのと同じように、世界中で昔から色んな形であったものの一種だ。

赤ちゃんを身体にくくりつけて、ウンチおむつを洗濯板で洗い、二槽式洗濯機に入れて粉石けんで洗う……いつの時代の母親だよ、わたし?!
という光景をあえて選んでやっているあたりが今の時代。嫌だったらベビーベッドやバウンサーに寝かせて、全自動洗濯機でおまかせ洗濯して、もちろん紙おむつでいいんだよ、好きでやってみてるだけだよ、と。
さらに、そういうやり方をほとんどインターネットで知るのもまた。
布おむつの洗い方で、まず水洗式トイレで汚れたおむつを振り洗いして固形物を流し……なんてあるのを見ると、わたしが子どもだった時代はくみ取り式だったから当てはまらない。

『育児』、『教育』はもうそれだけで巨大なマーケットでもあるので。
様々な情報の渦の中で、何が自分に合っているのか見つけるのも判断するのも大変。なにせ初めてのことだもの。

で、取りあえず、今まで自分が選んできたこと、してきたことから大きく逸れないようにしてみましょ、と思う。

高機能な紙おむつと全自動洗濯機がいかに便利で、世のお母さんに歓迎されたかは、逆をやってみて良く分かりました。しみじみと。
食洗機、まだ無いんだけどね。あれも便利なんだろうなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »