« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.27

はつ熱。

息子の保育園生活ももうすぐ4ヵ月。ついに、保育園からのお迎え要請コールが来た。
このところ鼻水は出てたけど、他は何ともなかったから自然に治るだろう、と甘く見てたがそうはいかず。
38度以上の発熱とのこと。
初の早退で、お迎えし、そのまま小児科へ。
耳を見てもらったら、鼓膜が赤くなっているそうで、すぐ隣の耳鼻科を紹介され受診。
生まれて初めての発熱でぼんやりニコニコしていた息子も、鼻や耳に器具を入れられ調べられると、さすがに泣きわめいて、帰宅までしばらく泣き続けていた。
風邪からくる中耳炎、まだ腫れや膿みは無い状態だそう。
発熱+中耳炎は保育園通い始めたらかなりの確率で通る道のよう。ひどくなると鼓膜を切ったりするそうなので、その前に治ってくれることを祈る。

明日はわたしが甲状腺の病院に行く日。やしちが運良く休みになってくれて良かった。
ついでに言うと、薬の副作用だかなんだかわからないが、わたしの皮膚に赤い点々がいっぱいでてきた。
さらに奥歯が歩くとひびくほど痛む。
やしちの歯医者通いは今日で終わった。
息子の予防接種ヒブ&プレベナー2回目も元気ならもう打つ頃。
なんだか家族で病院三昧な今日この頃。このペースでいくと医療費控除受けられるんじゃないかしらん。

今月は復帰後初めて精勤手当付くかな、なんて思ったのは取らぬ狸のなんとやら。
早くみんな健康になりますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.07.23

8ヵ月、這えば立つ、立てば歩くの。

本人がやる気まんまん過ぎ。親はむしろ、もうちょっとゆっくりしていただきたいのだけど。
息子、この1ヵ月間に、自力でのつかまり立ち、短い伝い歩き、お腹を着かないハイハイ、ハイハイからのお座りなどが出来るようになった。
ローテーブルの上から、ついでカラーボックスの2段目から物が無くなり、ついに1段目も危険ゾーンに。
わたしのダイナブックなど、うっかり息子を抱きながらいじっていたら、キーボードに手を出され、あろうことかSHIFTキーをはがされた。以来、息子が起きている時はカラーボックスの一番上に置いて、中腰でPCを見ている。

体重は8kgを超え、どうやら歯も出てきているようで、下の歯茎にチクッとした感触を感じる。
噛まれたらやだなあ。
離乳食はよく食べる。が、便が安定しないので、いったん戻りましょうと保育士さんに言われ、1段階後退中。

どんどん、赤ちゃんの時期が過ぎていく。
自分でお座りして、なにやら1人遊びしている背中を遠くから見て、
「うちに、こんな人がいるとはねぇ」
と、思う。ああ、人が1人増えたんだなぁと。
うどんをいっしょに食べた時など、やしちが帰宅してから、
「今日の息子、人間と同じ物を食べたんだよ」
と、うっかり言ってしまった。
自分で歩いて、言葉を喋るようになると、ますます人間らしくなるんだろうな。
って、怒られそうな感慨を深めている。

わたしの方はと言えば、体重がついに大台を割り込んで、10代の頃以来の数字になってしまった。
心配になって、妊娠前に受けるように言われていた産後6ヵ月の甲状腺検査に行ったところ、精密検査の必要有りと専門病院に紹介状を出された。
で、結果としては、軽度のバセドウ病だろうとのこと。産後6ヵ月くらいの時期はかかりやすいらしい。
とりあえずプロパジールという薬を朝晩2錠飲むようになった。授乳には差し支え無いそうでホッとする。
一過性なのか、長いつきあいになるかわからないが、身体のしんどいのや痩せていくのが止まるなら嬉しい。
初めての母業と仕事の日々で、疲れるのは当然だと思っていたもの。
喉に何かできたり、目が出たりということはまだなく、早期発見だったのもよかった。健診、ちゃんと行くの大事だね。1ヵ月遅れだったけど。

暑い日々、それでも抱っこしておんぶして、お互い汗だくになりながら過ごしてる。
いつか、あの時は母ちゃん頑張ったんだよ、と言えるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.19

甚平ロンパース2010。

生地を買ったのが、リカちゃんキャッスルのイベント行った帰りだから5月末。
型紙を決めて、拡大コピーしたのが6月。
裁断したのが7月に入ってから。
それから息子が寝ている間や、人に見てもらっている時間に少しずつ作業を進め、ようやく完成した甚平ロンパース。
男の子の服の中で、めずらしく作りたいスイッチが入ったものだったので、夏のうちに間に合って良かった。

Jinbei

型紙はnaniIROのをそのまま。初めてなので、生地はお手軽で縫いやすいリップルで。
白い水玉とミツバチの柄になってる。衿の裁断を間違えて追加買いしようとしたら売り切れていた。手芸店でも甚平ロンパースの作例になってたからよく売れたのだろう。衿は結局見えないところで接ぎ合わせて作った。

Jinbei2

ムチムチな息子の着画。来年は着られないだろうから、また作ろう。その時はもっと上手くなれるといいな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »