« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.31

トンネル抜けて。


青函トンネル抜けて、青森蟹田通過。
灰色の海に横殴りの雪。こりゃあ飛ばんわ。
心配してた息子も意外と快調に過ごしてる。あと1時間ちょっとだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼちぼち移動。

やしちの実家に向けて移動中。
もちろん赤子連れだから、事前に飛行機もネット予約し、前日からテキパキ準備して、ゆとりを持って空港に到着したさ。ええもう、我々にしてはよくやった!

が、カードを突っ込んだ端末は【欠航】の表示。
カウンターに並んで聞いた説明によると、青森空港の視界不良により、午前から午後の便が欠航、夜の便も見通し立たずとのこと。
明日にするかとも考えていたけど、天候は明日まで悪いらしい。

というわけで、目下JRの自由席でとことこ移動しとります。同様の子連れ多数。
しばらくはデッキにすし詰めだったけど、東室蘭からようやく座れて一息。
幸い、息子はJR乗車から2時間近く昼寝中。
まだまだ先は長いが、がんばっていきまっしょい!

まあ、なんだ。運賃が飛行機の半分で済むよ。
海もきれいだなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.21

ちょっとだけ皆既月食。

1221gessyoku

ちょうど、息子をお迎えに行く時間が食の最大時刻だった。
帰り道、保育園の裏で息子を抱っこしながら撮影。
手ぶれ補正無しの古いコンデジなのでこれが精一杯。
彼の目ではまだ見えなかったかな。来年の月食はどうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

やっとやっとのおめでとう。

1212cake

11/23から2週間以上経っての日曜日、ようやく家族無事にそろって息子の誕生日祝いをした。
ケーキも張り切って焼いてみた。
と言っても、オーブン無いし、まだ普通のケーキはどうかという歳なので、薄くハート型に焼いたホットケーキを重ね、水切りしたヨーグルトとイチゴで飾ったもの。
最初はヨーグルトの酸味に警戒を示していた息子だけど、一口食べたら積極的につかんだりフォークで刺してこねて食べたりしていた。よかよか。

1年前の12月は、実家で毎晩繰り返されるエンドレスなたたかいにぐったりしていたっけ。(※このへん
夜、息子を母に預けて入浴しながら
「また、今夜もヤツとの戦いがやってくるっ」
とゆううつな気分にもなった。
それに比べたら、一度寝かしても、お風呂に入ってたらまた泣きながら起きてくることや、夜中にも一度は泣いてパイを求めてくることや、朝方もたいてい早起きでゆっくりさせてはくれないことも、まだましと思えたり……いや、眠いのは眠いんだけど。

1歳になるなぁ、なったなぁという頃から色々と変わってきた。
今回の入院という経験があって、ずっとぴったりいっしょにいたから気付いたこともあるかも。

・歯は、上の歯も出てきて4本
・身長74cm、体重8.4kgとここ数カ月あまり変わらないが、見かけがすっきりしてきた。
・手放し立ちは30秒くらいをマーク。
・お椀やコップを自分で持って飲める。が、半分くらい盛大にこぼしたりもする。
・フォークやスプーンを使おうとする。軟飯を口に運ぶくらいはなんとか。
・言葉はまだだけど意思表示はハッキリ。スプーンを手渡してきて「食わせろ」とか、これはいやとか。
・味噌汁大好き。まっさきに具を手づかみ食いをして、汁もがぶがぶと飲み干す。
・ご飯嫌い。おかゆ→軟飯→ご飯とステップアップすると少しは食べるが、また食べなくなる。
・おっぱいは嗜好品。起床後、食後、帰宅後、入浴後、など必ず欲しがる。
・「オカーチャン」「トーチャン」に近い単語が出てきた。パパママ言わないようにしてるから時間かかるかも。
・ファーストワードは「ヤダー」「イヤー」になったかも。入院中によく言ってた。

さて、クリスマス、年末年始に向けて、またいっしょにバタバタとかけていこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.12.09

冷えたお外に。

あたたかな布団から外に出る時や、ストーブを消して雪の降る外に出る時は、どうしてもおっくうだし、えいやっという気合いが必要になる。
それと同じように、保育園に行く荷物を大きなバッグに詰めて、自分の身支度をして、連絡帳を書いて、忘れ物ないか確認して、家→保育園→職場→保育園→家をジェットコースターのように走りすぎる毎日に戻るには、えいやあああっ!と気合いをかけて。

今日は慣らし運転ということで、今日までたっぷり休んだ職場にさらに甘えて2時間のシフト短縮。
3週間近く久々に登園した息子、先生たちには歓迎されたけど、わたしと離れた途端に顔をくしゃくしゃにして大泣きしていた。
4月に入園した時はまだ生後4ヵ月だったから、これまでそう泣くことはなかったのだけど。
この間の付き添い生活で、わたしの姿がちょっとでも遠ざかると泣いてたくらいだから、こうなるだろうとは予測してた。
巣を出て集団生活に入っていくのはパワーがいる。
そして、保育園でも会社でも周りは風邪引きがうようよいて、各種様々なウイルスが右往左往している。
嫌いな人だっているだろうし、嫌な目に合うことだってあるだろう。

3尺に満たない小さい身体にがんばらせてるな、と少し申し訳ない気持ちになるけど、家族みんなで暮らしていくためのことだから。
歩いているうちに、キンと冷えた空気が気持ちよく感じるようになったりもするから。

つるつるに凍結した足元には気を付けて。滑らぬように転ばぬように。
また慌ただしく動き始めた師走の日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.05

3連コンボ!

あー、前回退院しましたっ!の日記を書きまして、お祝いしてくださった方々ありがとうございます。

が、その翌日の夕方、寝ていた息子がムニャムニャした後で突然吐き、母乳でも湯冷ましでも飲むととにかく吐いてしまうので、元の病院へかつぎこみ、点滴と注射を受けて、血液検査も。
帰宅しても夜通し吐いたり、下痢をしたりという状態で、RSの高熱よりもハラハラした。

週末は外来休みなので、ちょくちょく病院に連絡をとって様子見。

RSウイルス感染→何かに二次感染で肺炎→お腹の風邪?何か菌入った?で下痢&嘔吐

と、3連続コンボ発動中。
もう、やーめーてー!と叫びたいハハ。ハハのHPはもう0よ?!
さながら、ダウンから立ち上がりにかぶせるようにエドモンド本田が張り手で突進してきたかのような。
はたまた、ラスボス倒してホッとしてたら、裏のラスボスが現れて、もう回復リソース無いよ!という状況。

どうやら、まだ出勤&登園はできなさそう。
こんなに付き添い看病していながら、次々と変化しながら進む病に無力さを感じる週末でございます。
早くよくなってー! このままじゃ、1歳の誕生日祝いとクリスマスがくっついちゃうよう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.12.02

7日目に退院。

入院3日目から熱は下がり、食欲も出て、もりもり回復してきていた息子。
でも、血中酸素の数値がなかなか上がらず、ようやく酸素吸入が外れたのが6日目。
そして、本日7日目にして、ようやく退院!
ああ、長かった。
なにせ、酸素吸入のホースが付いているうちは、その長さ1.5mくらいから先は動けないわけで、とまれ、柵付ベッドの上をひたすらうろうろする息子。
ベッドサイドのコンセントを抜こうとしたり、ナースコールを押そうとしたり、ハハを押し倒してパイに食らいついたり、ゲラゲラ笑いながら片膝でフォールしたり。
そりゃもう、大変なのだ。わたしが。
そして、この発熱以来2週間ですっかり母親べったりになった息子、姿が見えなくなると後追い泣きするのはこれまでもあったけれど、さらに、半径1m以上離れると見えていてもダメになった。
この週末まではじっくり自宅静養。
来週の保育園復帰、きっと泣くんだろうなぁ。
でも、ほら、一週間前に感じていた通り、大丈夫。ちゃんと退院してきた。
最初はちょっと辛いかもしれないけど、きっとわたしも息子もこの経験で強くなっているから、またいっしょにバタバタと登園&通勤して出かけて行こう。

♪ちゃらららっちゃっちゃっちゃーん!

ハハLvが上がった!
スキル「にゅういんつきそい」をみにつけた!

息子Lvも上がった!
RS抵抗Lv1になった!
言語「やーだー!」を覚えた!
スキル「おわんでぐいのみ」をみにつけた!

ところで、息子の名を知る身内のプロレス好きにしかわからないネタだが。
RS軍団の部屋は4人部屋で、入院患者はみんな男の子、しかも息子が一番年上だった。
RSって?!と1人驚愕するハハでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »