« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.25

1歳7ヵ月、親がめ子がめ。

0625bluesky

1歳7ヵ月と2日目の息子、初めての運動会に参加。
vすでに保育園に入園していた昨年ももちろん運動会はあったのだけど、まだハイハイも始めたばかりだった0歳児組は不参加だった。
それが今年は開会式だのかけっこだの、お遊戯だのやっているのだから、この1年って濃い。
かけっこでは、ゴールにわたしを含む保護者が並んで、子どもたちを呼ぶ。
息子はとてとて歩きながらやってきて、ゴール寸前で目の前にいるのがハハだとわかったもよう。ニヤニヤとしながらやってきた。

親子競技では親が紙製の甲羅を背負って子どもを抱っこして走り、甲羅を次の人に手渡すリレー方式。その名も親がめ子がめ競争。
前に走るお母さんは双子ちゃんを両手に抱えてがんばってた。横を走るお母さんは年子のおねえちゃんの競技に参加してから、駆け足でおとうとの競技説明に来ていた。
みんなえらいなぁ、なんてアンカーのくせにのんびりしているわたしは、とうぜん抜かれてビリになった。

小さい子たちの参加時間は1時間弱と短く、閉会式まで見ても途中まで帰っても良いとのことだった。
年長さんたちのよさこいソーランなども気になるけど、風が冷たい天気だったので大事をとって帰宅。
昨秋の発表会のように、終わった日から高熱出されて、肺炎で入院とかしたくないからね。

この1ヵ月間、息子は元気で、やしちと防災センターへ行き消防車に乗ったり、わたしと友人といっしょに開拓村に行って当時の農機具を熱弁ふるって(宇宙語で)ガイドしてくれたりと大活躍だ。
大活躍すぎて、23時過ぎの現在、まだ起きている。
運動会の後、昼寝をたっぷり夕方までしたせいだけど、今日くらいはいいか。
最後のおっぱいを飲んで、そろそろ寝ようかね。
そうそう、今月に入ってから、夜間だけ断乳させてもらっている。
勤めている身なのに、夜中に何度も起こされるのも、それを寝かしつけられるのがおっぱいだけなのも、そろそろ大変になってきたので。
寝る前に、「おっぱいさんもおやすみ。明日までねんねだよ」と説明して。
さて、おっぱいさんもおやすみ。パソコンもおやすみ。電気もおやすみ。オカアチャンもオトウチャンも、息子もねんね、しようかね。

| | コメント (4)

2011.06.06

1歳6ヵ月、たったかたったか。

1歳になってからの月日が早い。あっという間に1歳6ヵ月健診を終えた。周囲の予想とは裏腹に、やや小柄な息子だが、標準的な発育と発達をしている模様。
それにしても、4月から5月中旬まではひたすら風邪をひいては休み、また登園再開しては風邪をひいて(以下略)の繰り返しだった。
GWには休日当番医まで車で出かけたり、また緊急入院なるかと入院セットを積み込んで受診したりもした。
わたしも職場に相当迷惑をかけた上に、2つ隣街の実家からもたびたび救援に来てもらった。
いや、まったくサポート無しでは働くことが難しい。

ようやくこの2週間は無事に過ごし、今日は快気祝いに初めて親子3人でレストランに行ってきた。
行ってきたのはこちら
ビュッフェスタイルのお店だが、和食系のおかずが多く、息子もきしめんやひじき五目煮、パスタ、茶碗蒸し、杏仁豆腐などを食べていた。
時間制限も無し、小さい子連れの家族をよく見かけた。
そうそう行けるわけじゃないけど、何かのお祝いの時などにはいいかも。

珍しい体験をした後だからか、息子は帰りの車内でもノリノリで「Yeah!!」と妙に良い発音で叫び、こぶしを振り回していた。
帰宅してからもテンション高く、入浴後も、電気を消しても、1時間以上暴れて転げ回っていた。
わたしが諦めて入浴に行き、息子が後追いして泣き、やしちがなだめて抱っこで寝付かしてくれた。

今月は保育園で運動会もある。昨年はずりばい始めたばかりなので参加せず、今年が初めての運動会。
「よーいドン!」と言うと、笑いながらたったかたったかと小走りしてくる。
果たして、当日もそんな風にやれるのかどうか。

親子でレストランとか、運動会だからデジイチ欲しいなぁ、とか、そんなファミリーっぷりがたまに自分でもおかしい。
3年前の自分に言っても絶対に信じない。
笑ったり泣いたり、怒ったり許したり。もうダメだと思ったり、なかなかやるじゃんと思ったり。
なんでもない日常。だから、なおさらそれを失った人々の言葉が重く感じる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »