« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011.08.20

帰省。

12日~15日まで、やしちの実家へ家族3人で帰省してきた。
今までは飛行機使っていたけれど、今回は往復ともにJR移動に挑戦。何しろ倍以上コストが違う。
息子もすっかり赤ちゃんらしさが抜け、乗り物大好きな男の子になっている。
それに、前回の年末帰省は飛行機が飛ばずにJRに振り替えたけど、室蘭まで座れない過酷な環境の中でもなんとかなった。
年2回の帰省をする為には、ここはみんなでがんばろー!という決断。

で、結果から言うと、無事に行って帰ってきたし、思ったよりも息子が泣いて困ることもなく(皆無ではなかったが)、お盆休みが終わってからも誰も体調を崩さず仕事や登園をし、穏やかに週末を迎えている。
みんな、強くなったなぁ。昨年5月の帰省時など、息子がロタにつかまり、帰宅してからも親に相次いで感染して、次々と病院送りになったものを。

Iwaki

岩木山を見ながらのお墓参りをし、

Mukaebi

門前で迎え火を焚く。

このへんをきっちりやるのが本州らしい。
あまり家の近所でも迎え火や送り火を見ることがないからなぁ。
ナスやキュウリのお馬さんを見るのも新鮮だ。

写真に写っているのは息子とおじいちゃん(やしちの父)。
迎え火を焚いている時、息子は「あ! あ!」と電柱の上あたりを指していた。
目下、両家にとってただ1人の孫な息子。
きっと、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんやご先祖の方々にとっても、眺めて楽しみなことであろう。

津軽では3日間とも蒸し暑い猛暑だったが、札幌に帰れば涼しい秋風。
札幌もお盆の時期は暑かったらしいけれど。
もうすぐそこに秋の気配。過ごしやすくなった日中をどう過ごそうかね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.08.07

地球最古の恐竜展。

7月末の日曜日。やしち、どうにかこの月4回目の休日を獲得。おかしいなー、31日ある月は7休の筈なのになー?

で、家族3人でこちら↓へ行ってきた。
地球最古の恐竜展


入り口すぐに、最古の恐竜フレングエリサウルスの骨格。

Dscf0367


ファソラスクスだったか、サウロスクスだったか、とにかくワニの祖先。恐竜も食べていたそうで、三畳紀はワニ最強説が有力らしい。息子なんか一口サイズであった。

Dscf0374


スカフォニクス。一本の歯が怖そうに見えるが、上記2種には食べられる関係であったそうで。

Dscf0376


子どもの頃、恐竜図鑑を見るのが好きな女の子だったものですが、三畳紀の生き物についてはさっぱり覚えてなかった。
そう、この恐竜展は「地球最古の」とつくだけあって、恐竜生誕時の三畳紀が舞台。
白亜紀・ジュラ紀などでお馴染みのティラノザウルス、トリケラトプス、プテラノドンなどはいないので、その辺を分かった上で行きましょう。<わかってなかった人。

怖がるかと思った1歳8ヵ月の息子、意外と骨格標本にも肉付けした再現模型にも、CG映像にも動じず。
小さな恐竜の模型にはなぜか喜んでニコニコしていた。
一週間前に行った動物園との違い、ちゃんと感じているかな?

おまけ。
売店にあったファニーなぬいぐるみ。たぶん、ほ乳類の祖先エクサエレトドンと思われ。

Dscf0388

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »