« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012.01.20

ダンシャレンの装備作り 春に向けて。

ダンナがようやく仕事に一段落付き、久々の休みになった。
息子を保育園に預けて夕方まで1人で休んでもいいよ、と言ったが、息子と2人で過ごすとのことで、朝は3人でホットケーキを食べてわたしだけ出勤。自分だけの準備だとえらく楽だと実感した。
退社後、ダンナに電話したら、息子と水族館に行った帰りだとのこと。
約束通り、冬セールも終わりかけの街中をソロ散策させてもらった。

売り切りのタイムセールの声がかかる中、春秋用のコートを探したり、原色のセーターやカーディガンを当ててみたり。
久々に大通近辺を一時間半くらい見て回って、結局買ったのは、遅れ遅れのダンナへのクリスマスプレゼント。
でかい通勤用ショルダーバッグしか持っていないダンナに、黒レザーのボディバッグというのか斜め掛けの後ろに回すやつ。今日のような休日のお散歩用に。

で、無印良品でいつものお茶やおやつ、仕事用のボールペンなど買って、あたふた帰ろうとして、そういや自分用に買い物してない!?と気付く。
まぁ、せっかくの機会だから!と無理して余計な物を買わないことだよね。

と、地下街の出口にある雑貨店で、ストールのワゴンセールをしているのを見た。
そこで見つけたインド綿のストール。サーモンピンクの地に碧と白で刺繍が入っていて一目惚れ。他にも迷う柄があったけど、やはり最初に見たそれを購入した。

0120stoll

薄手のインド綿だから使うのはまだまだ先だけど。
帰ってから手持ちの服に合わせて巻いてみたりしてニヨニヨする。

ついこの前まで真紅が気になる色だった。
濃いグレーや黒の服に赤いマフラーを巻くのが憧れで、クリスマスプレゼントに買ってもらった。
それに合わせてカーディガンかセータを買うつもりだったけど。
もう少しずつ日が長くなって春の予兆を感じるからか、もうマフラーから赤の力をもらって満足したからなのか。
今はそれほど真っ赤を欲していない。
今欲しいのは、今日買ったストールのような黄味のかったピンク、またはミカン色。

これまでどうしても仕事用に黒・灰・紺・茶が多かった。
それに、ここ3年は妊娠・授乳の為に、服を選ぶことが難しい状況で、必要最低限のものしか買わなかった。
だから、急にかも知れない。
急に、本当に急に。街行く人の服装やファッション雑誌に気を取られる。
華やかな色にあこがれる。
脱皮を待つ気分ってこれに近いだろうか。

昨年秋にはカラーリストさんのサロンに出向き、パーソナルカラー診断を受けた。
わたしは秋メインで冬も混ざり、春の色もちょっとあるそうな。
ベストカラーが朱赤、クリスマスツリーのような原色の緑、オレンジの入ったピンクだった。
それを参考にしつつ、今持っている服を並べて写真を撮ったり、買い足したい物を描いて持ち歩いたり。
そんなことをやっているうちに、冬シーズンが終わろうとしている。
いや、実際には大雪と厳寒で、今まさに北国はえらいことになっているのだけど。
ファッションの売り場としてはもう冬終わりそうだ。
まぁ、お財布事情が急に良くなるわけではない現実、まずは525円(税込)のストール一枚買うことから始まるくらいから少しずつ。

物の整理と服を選ぶことはつながっている。モノと向き合うことは自分と向き合うことだという点で。
自分が好きな服ばかりのワードローブ作り。
それはなかなかに難しくて、だけど面白い、これもまたちょっとした冒険なのだ。


▼読書中


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.05

2012年始まる。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

年末間際に息子からわたし、やしちにまで蔓延したウイルス性腸炎からも復活し、無事に津軽帰省を果たしてきました。
わたしと息子は1日休んで明日から通勤&登園再開。ええ、やしちは帰宅した翌日から朝6時出勤だったともさ。

今年は誰にとっても良い年でありますように、といつも以上に祈るところです。

以下、産後しばらく書いてなかった今年の目標など。

  • 【仕事】  皆勤5ヵ月する。昨年は4ヵ月。
  • 【劇団】  産後初の上京、総会への参加。昨年は震災直後で欠席。
  • 【趣味】  人形服1セット作る。昨年はスカート1着、帽子1個、靴下1足。
  • 【学習】  CSS復習の成果の為に私的サイトの再構築。昨年始めたCMSの学習も続ける。
  • 【生活】  危険の無い住まいから快適な住まいへ。具体的にはラスボスの間に挑む。

育児に関しては目標などは特に無く。だって、先が読めないし。
ともあれ、無事に健康を保って1年過ごせますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »