« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013.02.24

逆境の受験。

今日、日商簿記3級の受験をしてきた。

まずは、受験までこぎつけただけでもよくやった自分。

  1. かまって欲しい盛り3歳男子の母。深夜勉強してても夜泣きされたら即中止
  2. 休日も息子と2人きり、しかも昼寝しない
  3. 新しい環境で職業訓練という名の仕事始める
  4. 通勤に覚悟が必要な地吹雪地帯を運転
  5. 試験3日前に息子が発熱
  6. 前日に熱下がったと思ったら、嘔吐始まり小児科へ
  7. 看病で試験前日は勉強できず
  8. 当日はブリザード級の猛吹雪

    ブリザード

  9. 手配していたタクシーも来ず、他のタクシーにも電話で断られる
  10. ダンナに雪から掘り出してもらった車に飛び乗って、猛吹雪の中を運転して会場到着

…特に昨日から今日にかけては、あまりに押し寄せる逆境に、

「これが逆境か!!」

と、島本和彦先生の劇画調に叫んでた。

試験会場まで来られなかった人もいたのか、会場内空席がちらほら。30分遅らせての試験開始になっていた。

ちなみに、ダンナと留守番していた息子は、すっかり食欲回復したようで、昨日の分を取り返すようにばくばく食べて、今はダンナとシャワー浴びてキャーキャー言っておる。小さい人の体調は振り幅大きいなぁ!

ネット上の解答速報を見る限り、ぎりぎりで受かっているか落ちているか、と思われる。

回答を書き写すひまなんて無かったので、はっきりとはわからないけれど。

一週間後の結果発表を待つ。

続きを読む "逆境の受験。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.03

日々精進。

久しぶりに、今年初の更新。
夜中に帯広など道東で震度5の地震があり、津軽のこちらもちょっと揺れました。
雪がゆるんだ後の揺れ、あまり大きな被害がありませんように。

さて、このところの近況。
息子、1月より最寄りの保育園に入所。徒歩5分以内で行けるのがありがたい。
申込時には求職中ママの枠が埋まっているので、待機になる確率高いと言われていたが、あっさり入所できた。
すでに12月から一時保育で何度かお世話になっている園で、息子は昔からいたような顔をして普通になじんでいるらしい。
さいわい、引っ越し後からまだ大きな体調不良を起こしていない。

わたしの方は、12月に応募した求人はことごとく落選し、1月の初旬に応募した職業訓練に先週から通い始めた。
職業訓練と言っても、いわゆる学校スタイルではなく求人セット型というもので、OJT形式で会社で仕事を教わりながら働き、訓練終了時に労使双方がよければ正式採用されるというもの。
訓練生で通っているのもわたし一人なので、普通に会社に雇われて研修・試用期間のような雰囲気。
3月末までの2ヶ月間、職業訓練生の間は雇用保険の基本手当+受講手当(1日500円)+通所手当(遠距離なので)をもらう。
だから、会社側の金銭的な負担は無く、カリキュラムを作ったり、仕事を教えたりする時間がかかるというところ。ネットにある会社向けの説明資料をみると、受け入れている会社には委託訓練費も出るよう。
内容は事務職なので、PC操作や電話対応は、コールセンターで鍛えられたスキルで対応できそう。
ただ、業種が医療介護に関わる分野なので、保険制度など知らない部分を覚えていく必要がある。
このへんは、連れ合いが介護職なので、単語について教えてもらったりしている。

2月はまだまだ冬。地吹雪発生地帯を通っての通所なので、車の運転に気をつけて行かねばね。
正社員として採用されることを目標に、朝9時から夕方5時まで、月~金のフルタイムで通っている。
その他に、やはり事務系では必要そうなので、日商簿記3級を独学で勉強中。

現在の青森県の最低賃金は時給654円。(北海道は719円)
フルタイム月給制でも社保等引いた手取りでは諭吉さん1桁になる求人が多く見られる。
家賃や光熱費、灯油代、食費などは北海道と変わらずにかかるのに、どうやって皆さん暮らしているのー?と聞いてみたくなる今日この頃。
とにかく、そんな風に生活の基盤作りをしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »