« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014.07.30

田んぼアート2014と、いち姫プロジェクト。

お隣の田舎館村(いなかだてむら)名物の田んぼアート、今が見頃!ということで連日にぎわっているそうですが、わたしはもう2回見に行きました!

田んぼアートについては、以下、ウィキペディアより引用。

田んぼアート(たんぼアート)は、田んぼをキャンバスに見立て色の異なる稲を使って、巨大な絵を作り出すプロジェクト。1993年、青森県南津軽郡田舎館村が村起こしの一つとして、田舎館役場裏手の田んぼで始められた。田んぼをキャンバスに見立て、現代の米と「古代米」と呼ばれる古代に栽培されていた色の異なる稲を使って、巨大な絵を作る。近年では他の地域でも行なわれている。

最初は田植えから一週間後の6月8日に鑑賞。
第一会場は、お城を模した田舎館村役場の展望台より見下ろす。
0608田んぼアート

植え立てでもけっこう図柄が見えますね。
天女様のアップ。(クリックするとさらに大きく)
0608田んぼアート近影

この日、第2会場はまだ田植え作業中で、見る状態でなかったです。

それから一ヶ月後の7月6日……。

続きを読む "田んぼアート2014と、いち姫プロジェクト。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.27

ねぷた祭りの季節。

この週末から、移住後2回目のねぷたの夏を迎えます。
最初は、保育園周辺の町内を回る、ちいさなねぷた運行に行ってきました。
真夏日なので、首回りには手ぬぐいを忘れずに。
観光館で買ったりんご手ぬぐいに、いちご模様のこぎん刺しヘアゴムを合わせてみた。
いちごこぎん×りんごてぬぐい

さらに、昨年縫った和調ポシェットに、梅の花模様のこぎんストラップを追加。
梅の花strap

裏面は和調プリント木綿をつつんでます。
strap裏面


息子はこれらを見て「かわいいー!」とほめてくれ、家から園までノリノリで走って行きました。
が、保護者たちが集まる園に着くとトーンダウン。
脱走から始まり、おそろいのねぷた衣装を着ることを断固拒否するなど、いつもながらの集団行事嫌いっぷりを発揮…。
もう、荷物をまとめて帰ろうとしましたが、おじいちゃんが来てくれたこともあり、最初から最後まで炎天下をどうにか歩きました。うん、ねぷたは全然引っぱってなかったし、行列からもほぼ外れていたけれど。
昨年は途中からの参加だったので、いちおう前進かな。
毎度、保育士さんにはお手数をかけます。

さて、明日は市内の園児たちが集まるちびっこねぷた運行。
今日はなかったお囃子隊もあるので、ハハは笛吹いたり太鼓叩いたりします。息子、どうにかいっしょに行こうね!?


【参考リンク】
いちごこぎんの図案>kogin blog: ichigo kogin !!

【入門書籍】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.23

おやさいクレヨン vegetabo(ベジタボー)

ちょっと前ですが、6/29、青森市アピオで開催されたカッチャート☆パーティーに、4歳息子とドライブして行ってきました。
サンサーラでつながった弘前のハンドメイド友だちも出店しているし、同じ施設で開催されていた女性起業のセミナーも面白そうだったし、おやさいクレヨン・ベジタボーの出店もあるということで。

おやさいクレヨン vegetabo


これ、青森県産の野菜、それも製造から加工過程で廃棄される部分を使ってクレヨンを作ったというもの。
第一シーズンは秋冬の野菜を元に作られていて、赤はとうがらしでした。

今、売られているのはこちらの第二シーズン。春の野菜ということで、赤はなく、ピンクの「りんご」があります。

0629vegetable

口に入れても安心な材料を使っているので、赤ちゃん用のファーストクレヨンにもよさそう。


買って帰ってから色見本をつくりました。この作業だいすき!
おやさいクレヨン色見本

そう、クレヨンの名前が「赤」、「ピンク」じゃなくて、「とうがらし」「りんご」「こまつな」「ほうれんそう」など野菜の名前なのです。
逆に、野菜にない青色などはないので、これだけで普通のお絵かきをするのはむずかしいです。

息子とお絵かき。
0630picture
これ、イベントの出店ブースで描いたもので、中央の樹は社長さん(わたしより若い女性です)が描きました。
パステルや色えんぴつのような淡い色合いです。

全体にパッケージやパンフレット、WEBサイトFecebookページもていねいに作られていて好感がもてますね。

青森県内では中三などのデパートで取り扱いしているようですが、

Amazonや、


楽天でも買えます。

青森県発のギフトに最適!
ということで、今後のシーズン展開も追っていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Facebook乗っ取りその後。

先の記事に書いたFacebookのアカウント乗っ取られ事件から3日。
友人達に一時表示されていた「友達ではありませんか?」に外国人の顔が並ぶ現象も落ち着いてきたとのことでホッとしました。

先の記事にコメントくださった方も同様の被害に遭われたそうですが、このところ、SNSの乗っ取り事件が急増しているそうです。

下記リンクを参考に自己防衛力を高めましょう。
過去最悪の被害?LINE・Facebookなど主要アカウントの乗っ取り防止の基礎知識 | Social Magician Makoto Sakata
至急設定!主要ソーシャルメディアのアカウント乗っ取り予防対策集 - NAVER まとめ

わたしの方は、パスワードと同時にID=メールアドレスも別のものに変えたためか、その後は不正アクセスはされてないようです。
乗っ取りにあった方は、紐づけたメールアドレスも別のものに変更するといいかもしれません。

普段、周りには「PC・ネットに詳しそうな人」というイメージが通っているため、友人たちにも驚かれました。
そして、わたしがとった対応策についても、教えて欲しいという個別相談があったので、近隣の人には会った時や、メールなどで共有しています。

○これまでに対策していたこと。
・知らない人からの友人申請は無視
・アプリ、診断系には触らない。もし遊んでも、後で消しておく
・自分のタイムラインに投稿できるのは自分だけ
・タグ付けされた投稿は、自分が承認してからタイムラインに表示する
・不正なアクセスがあれば携帯メールに通知
・パスワードはアルファベットと数字混在で6桁以上
・他のユーザーが使用しているアプリから情報を抜かせない

×これまでにやってしまっていたこと
・ID、パスワードの使い回し
・1年以上、パスワードを変えない
・メールアドレスの一部とパスワードが重複
・外部サービスにFacebookやtwitterのIDで新規登録

◎今回やったこと
・ログイン承認…別のブラウザ・端末からのアクセスをされたら確認コード必須
・ID、パスワードの変更……パスワードは使い回さない


まあ、どれだけ気をつけていても、ネット犯罪者が本気を出せばすぐにやられてしまうのでしょうが、自転車泥棒と同じように「こいつはちょっと面倒そうだ」と思われるように脇を固めておきましょう。

また何かあればお知らせするかもですが、次回からは通常営業(?)に戻ります。
あ、結局Facebookに送ったメッセージでアカウントが凍結されたのは、翌日の18時過ぎでした。
メッセージは送るとしても、被害を拡散しないよう自分でなるべく早めに対処した方が良さそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.21

Facebookアカウントを乗っ取られた件。

昨夜、Facebookのアカウントを乗っ取られました。

息子を寝かしつけている間にやられたようで、気がついたのは乗っ取りから30分後の23時過ぎ。
ダンナに「ケータイにメール来てたよ」と言われて見てみると、
英語で「あなたのパスワードが変更されました。心当たりがなければ…」的なことを書いてある!
いや、英語得意じゃないのであてずっぽうですが。

あわててアカウントロックして、パスワード再設定して、ログインに紐づけていたメールを別のものにしてから、ログインしてみると……
自分が「Carly Luce」なる外国人女性に名前が変わっていて、プロフィール画像もセクシー路線に変更されてました。
0720facebook

しかも、一手目に使用言語を英語に変更されていたので、Facebookのメニューや操作に対しての反応がすべてEnglish!
手探りで日本語にやっと戻して内容を読めた時はホッとしました。
普段は意識してないけど、やはり海外発のサービスだったわねぇと再認識。

使用言語を英語にして、名前とプロフィール画像を変更した「Carly Luce」は、わたしの大切な友人達を次々と削除していきました…。
そして、すべての友人達を削除した後、「leominster」という場所を検索。
0720facebook2

その後、おそらくそのエリアに関連したアカウント(当然英語圏の人たち)に次々と友達申請を送りました。
最初のログインから20分間で50件くらい。
最後の友達申請のログから、わたしがログインしたのが30分後くらいでした。

プロフィール画像を自分の写真にし、すでに友達になってしまっていた外国人アカウントを友達から削除しました。
そこで、タイムラインがお店や企業の購読フィードしか表示されていないことに気付き、自分の友人達がすべて削除されていることに気付いたわけです。

さいわい、過去の自分の記事や写真には手を出されていなかったので、そこの「いいね!」されていた友人達から順に友人再申請をしていきました。
しかし、乗っ取られてから通算するとあまりにも多数の友人申請に、スパム警告を受け再申請はストップ。
アクティビティログをさかのぼり、多数の見知らぬ外国人アカウントに対して送られた友達申請をキャンセルして回る作業に切り替えました。
その夜は午前2時半頃に作業を終えました。
一応、不具合報告のフォームを使って、アカウント乗っ取られた旨をシステム側に伝えましたが、連休の中どこまで対応されるものか。

そして、翌日の今日、ほぼ全員の友人達に再申請ないしメッセージでコンタクトすることができました。
もともと、わたしがFacebookでつながっている友人は50人前後でした。まだ手作業でなんとかなります。
これが三桁以上の人がやられた場合は、復旧にも数倍の手数がかかることでしょう。
お手数をかけた友人の皆さんには、本当に申し訳ない。再度友達になってくれてありがとうございます。

このところ、LINEの乗っ取りがWEBで話題になっていました。

「LINE」乗っ取りとは?すでに被害300件以上 - NAVER まとめ
[対処法] LINE乗っ取り被害に遭った!アカウント削除までにやったことまとめ : まだ東京で消耗してるの?

まさか自分のFacebookアカウントが乗っ取られるとは。
ログインに使っていたメールアドレスが無料サービスのもので、他のSNSや通販サイトにも一番広く浅く登録していたこと、パスワードは英数混在にしていたけれど、メールアドレスと一部重複していたことが、甘さだったと思います。
あと、外部のサービスを使う時に「Facebookアカウントでログイン」を使っていたことも、穴になっていたかも。
重要なSNSのログイン情報にはもっと慎重にならねばですね。
ググってみると、Facebookの乗っ取りもこのところ頻発しているようです。

Facebookでもアカウント乗っ取り事件 : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
Facebook アカウントロック!見知らぬ誰かが不正ログインしていたときの対処方法

対策として、とりあえずセキュリティ設定の「ログイン承認」を追加しました。
これは、普段使っている端末以外からアクセスされようとした時に、あらかじめ登録した携帯電話メールにパスワードを送信してくれて、そのパスワードを入力しないとログインできない、という設定です。
一番上の「ログイン通知」は、誰かが自分のアカウントを使ってログインしようとした時に、お知らせメールを送ってくれる設定。
これのおかげで気付いたのだけど、当時は寝かしつけしていて対応できなかったので、ログインできないようにしてやる方が安心です。

PC版だと右上の▼メニューから「設定」を開き、
0720facebook3

「セキュリティ」の上から二番目の「ログイン承認」設定を追加しました。
0720facebook4

すぐできるので、まだやっていない方は設定をおすすめします。

今回は友人たちの「友達かも?」リストに見知らぬ外国人が多数出るようになった、という影響がありました。
すぐに取り下げたにも関わらず、です。
もし、友人達のタイムラインにエログロ画像や広告スパムを投稿されていたり、個人情報を引き抜いたりされてたら……と思うと冷や汗もの。
ベネッセの件を例にとるまでもなく、今の時代、個人情報なんてどんなに気をつけていても、どっから漏れるかわかりません。
それでも、大切な友人や家族、取引先に迷惑をかけることのないよう、できることはやっていきます。

しかし、今回の乗っ取りは、何をしたいのかわからない。
LINEのようにWEBマネーを買わせたり、上記引用のFacebook乗っ取りのように特定商品の広告・宣伝をしたりということでもないし。
また、今後の動きやわかったことがあれば、当ブログからお知らせします。

まずは、ご迷惑をかけた友人の皆さん、ごめんなさい!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.07.20

2014年版甚平できた。

0718jinbei

今年の甚平も、どうにかお祭りシーズンに出来上がった。
左が縫い上がったばかりの110cmサイズ、右が昨年の100cmサイズ。
今月の身体測定で106cmだった息子には、まだ100サイズでよかったみたい。110cmのはちょっとまだ丈長になっていた。来年あたりは、サイズアップしないで作ろうか。

さっそく保育園の夕涼み会に着せて行って、様々な汁や汚れをつけられた。いいよ、毎年のことだし。
しかし、浴衣や浴衣風ドレスを着たクラスの女の子たちに、「かわいいね!」「とてもかわいいの着てるね!」とほめまくる息子、その遺伝子はどこから?
って、どう考えてもわたしでした。女の子はかわいくていいよね!

今回はクライムキさんの本で、早縫い端ロック版でダダーっと縫った。
襟付けくらいはまつり縫いしてもよかったかな。あと、肩揚げも着せてから手縫いした方がちゃんと合わせられた。たぶん、間に合わないけど。

クライ・ムキのキッズじんべいとゆかた ベビー (Heart Warming Life Series Kurai Muk)

新品価格
¥1,058から
(2014/7/20 00:10時点)

| | コメント (0)

2014.07.04

試行錯誤の夏。

7月になって、専業主婦生活も早3ヶ月目。
求職活動は停滞気味。先月末にある職業訓練に受講申し込みをして、結果待ちというところ。
一応、時間帯・休日的にできそうな事務職に応募しようとしたけれど、何せ学歴が中卒なので応募自体断られてしまったり。書類選考もあるので、面接までいくことが難しい。
ちょっと凹んだりもするけど、いいよ、そういうところで働かなくても!
じゃあ、辞めなきゃよかったのかと言えば、もう前の会社は、給与が遅配とか未払いとか、社長追放とか?の段階になってるらしいので、遅れながらも最後の給与もらえてよかったねという。

先月は弘前市で開催された体験型イベントSamsara2014に「キセカエヤ」名義で参加して、リカちゃん用のドレスにデコレーション体験をしてもらうワークショップをしたり、自作服を売ったりしてました。
Samsara

詳細はドールブログの方に>うちのジェニー+リカちゃん | Samsara2014のご報告。

6月はほとんどこれに向けて作業していたよ。
でも、2日かけて5着くらい作った服を、一着500円前後で売ってたので、全然お仕事に結びつける気がしなかった。
それでも、予想以上に売れてくれて、ワークショップも楽しんでくれたお子さんやママさんがいたのはうれしかった。
また仕事をするようになっても、来年も出てやりたいな。

求職活動はそれこそ10代の頃から何度もやっているけれど、毎回、自分に何ができるかとか、できないかとか、棚卸しになる。
書くこと、情報を整理すること、発信することは、どうやら得意分野。でなければ、ブログにSNSにとしょっちゅう投稿していくものはない。
けっして器用じゃないけど、ものを作ることも好きだ。
ドール服だけではなく、今年もまた甚平作りの季節。

甚平2014

スナップだけど写真撮るのも好き。記録することが好き。デジイチの誘惑には何度も負けそうになる。そっちにはレンズ沼が!

祭りも好きだ。今年も保育園のねぷたに参加する。お囃子の練習、昨日から太鼓のも始まりました。
蒸し暑い夏が通り過ぎる頃には、どんな暮らしになるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »