« 津軽こけし館でこけしづくし。 | トップページ | 青森市で美術鑑賞。 »

2014.08.19

そして伝承工芸館へ。

0819densho

黒石市のこけし館、からの、津軽伝承工芸館です。隣接してます。
津軽伝承工芸館の公式ホームページ - 施設ご案内
津軽伝承工芸館 (Facebook)

0819denshoukan

雨もようなので、人もまばら。

0819neputa

伝統工芸の工房があり、体験したり、おみやげを買ったりできます。

【匠の工房(津軽の伝統工芸)】
匠の工房は、ひとつひとつに技と伝統があります。職人たちによる実演もあります。
工房1・・・「つがるの食」
工房2・・・「手焼きせんべい」
工房3・・・「津軽塗」
工房4・・・「森のめぐみ」
工房5・・・「こけし灯ろう」
工房6・・・「ねぷた」
工房7・・・「北の工人」
【足湯(無料)】
落合温泉から湯を引いている足湯は、無料にて入浴できます。

津軽伝承工芸館|青森県観光情報アプティネットaptinetより引用。

足湯、はわからなかった!
どこ!? 雨だからやってなかったの? 夏だから?
次に行ったら探してみよう。

工房のマジメな写真撮ってなかった。
替わりに撮ったのは、こんな…
0819shouwa

「昭和の理容」って……
そんな昭和ないよっ?!

0819samurai

マゲヅラだし。
スタッフさんが楽しくなってやったのかなぁ。
屋台のある工房でした。

そのすぐそばにも、

0819record

微妙なレトロレコードが展示されていました。
蓄音機世代まで行かず、80年代とか、わたしもリアルで知ってる頃の。

さて、ここまで来たからには、ハンドメイドつながりのSWALLOWTAILさんのこぎん小物売り場も見なくちゃ!
と、こぎん工房を探したけれど、いわゆる伝統的なこぎん作品ばかりで、ポップでキュートでロックなスワロウテイル印のこぎんは見当たらず。
しかたなく、ご本人にメールして場所を聞いてしまいました。

「売店のレジに向かって右手側」との回答を得て、振り向けばありました!
0819kogin

大きなお土産売り場があるのですが、そちらの方にカラフルなこぎんグッズ並んでいました。
記念にパチリ。買うのは、弘前でご本人から買います。
ちなみに、今日18日から24日まで、さくら野百貨店弘前店の手作りショップ「ホビーライフ」展にて、SWALLOWTAILさんのこぎんグッズ販売中です。

「宮黒サイダー」なるものをお土産に買いました。
0819miyakuro_2

宮古と黒石コラボで宮黒サイダー | 河北新報オンラインニュース
岩手県宮古市と、ここ青森県黒石市のコラボ商品で、今年の7月末に発売されたばかりとか。
宮古市と姉妹都市だったんですね。1年通勤してて知らなかったです。

0819miyakuro2_2

飲む時にりんごの香り、後味に塩が少し感じられて、なかなかおいしかったです。
真夏の熱中症対策になるかしら?

津軽伝承工芸館の方は、もうちょっと何かやっている時にあらためて行ってみたいです。
小さな劇場設備もあるようですしね。

|

« 津軽こけし館でこけしづくし。 | トップページ | 青森市で美術鑑賞。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

津軽移住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255/60175230

この記事へのトラックバック一覧です: そして伝承工芸館へ。:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/20 08:48) [ケノーベル エージェント]
黒石市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014.08.20 08:48

« 津軽こけし館でこけしづくし。 | トップページ | 青森市で美術鑑賞。 »