子ども

2014.12.26

クリスマスが終わる。

クリスマスが終わっていきますね。
世界中のサンタクロースの皆さん、お疲れ様でした。
息子には、これが届きました↓。

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
バンダイ 2014-08-02
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

画像使ってますが、別にAmazonに限らず、地元のスーパーで並ばずに買えるようになっています。
情報くれたお友だちありがとう。
おかげで、
「妖怪ウォッチはまだ売り切れてて、工場で作っているところだから、サンタさんのところにもないよ」
という言いきかせを信じて、別の玩具をリクエストしていた息子の元にも届き、今夜はこのごつい時計を付けて寝ています。

以前作った妖怪ウォッチとメダルと、本物のメダルを並べてみた。(本体は装着されてるので割愛)
1225medal
妖怪ウォッチを216円(税込)で作った。: Alternative Note

手描きorチョコからの切り抜きで作ったメダルに比べて、本物でかい。乳幼児の誤飲をさせないためか。
これで、手作りの妖怪ウォッチはお役御免かと思ったら、それはそれで使うらしい。

妖怪ウォッチ劇場版も、封切り直後の日曜日に母子2人で観てきました。なので、その特典メダルもあり。
市民会館でされてるアニメまつり(昔話や80年代アニメがオムニバスで並ぶやつ)でさえ、途中でこわくなると退場する息子。
よく描きこまれた映像と、サラウンド駆使した音の劇場アニメに耐えられないと思っていたが、(そして案の定「かあちゃん、もう出る」と何度か言ってたが)、どうにか最後まで観られました。

まだひらがなしか読めないのに、メダルが付いたコロコロコミックを買わされたりね。
なつかしいな、コロコロ。
そんなんで、付属の2枚と合わせて、4枚になってます妖怪メダル。

そして、サンタサポートを終えてから、ハハがしたのはリカちゃんドレスを縫うこと!
午前3時過ぎまでやってました。ちーん。
うちのジェニー+リカちゃん 12/25ヒロロdeサンサーラ うれしいリピーターさま。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.23

5歳の誕生日。

開業したからと言って、暮らしが大幅に変わるわけでもなく。
色々な準備や作業を進めている間に、あっという間に息子の誕生日が来ました。

家族で、津軽のパワースポット岩木山へ。

1123iwakisan

温泉に入り、神社に詣でて来ました。岩木山神社、移住してきた時にお参りして以来の参拝でした。

誕生日プレゼントは、息子の要望で…

「トランスフォーム!!!」
1123transformer

トランスフォーマーGo!のオプティマスエクスプライムでした。

昨年Xmas時期の「てれびくん」に付いてたDVDでこの商品紹介を見て、欲しくて仕方なかったらしい。
大興奮して遊び、深夜近くにようやく寝ました。枕元にあります。キケン。

<息子メモ>
身長108cm、体重17.5km。
女の子好き。特に髪結ってるとポイント高い。いま、理想のタイプはしずかちゃん。
妖怪ウォッチとポケモンを見るが、怖くなるとすぐ消す。
よくしゃべる。まだあまり津軽弁ではないが、「××だっきゃ、すごいんだよ~」とか、少し混ざる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.29

「奇跡のりんご」が来た。

引っ越し直後に、新住所に届いた宅急便 from 北海道。
マイ実家の庭でとれたリンゴとブドウでした。

1025apples

後ろのでかいのはダンナがもらってきた「世界一」という品種で、大きさ比較のために置いてます。
手前の小さなリンゴたちが、息子が生まれた5年前に植樹された木の初収穫。
リンゴは繊細で難しいというが、農薬も使わずほとんどほったらかしで、冬には2階まで積もる豪雪に埋まっていたのに、よく実を結んだものです。
まさに奇跡のリンゴ!

息子もかくありますように、と願いつつ、帰ってきた息子が小さなリンゴにかぶりつくのを見守りました。
品種はふじだけど、酸味がしっかりある野生の味?でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.23

4歳になりました。

息子、4歳になりました。
引っ越ししてきて早くも1年。色々なことがあったけど、元気にやってます。
いや、本当に3歳の1年間は、ほとんど大きな病気も怪我もなく、わたしが看病で欠勤したのも職業訓練の頃に2日だけだった。
いつも11月には2週間くらいかかる病気にかかっていたことを思うと、強くなったなぁ。

親からの誕生日プレゼントは、これ。
レゴ

レゴの赤いバケツセット。
本人はプラレールがいいとか、仮面ライダー鎧武のベルトがいいとか、トミカのハイパーブルーポリスが欲しいとかなんとか日替わりで言ってたのだけど、長く遊べる玩具を選びました。
けっこう、親の方が熱中してしまうのはありがちな展開。

朝に誕生日プレゼントを渡していっしょに遊び、昼食はおじいちゃんや伯母さんといっしょにバイキング形式の焼き肉屋で、焼き肉以外(スパゲティとかラーメンとかアイスとか)を贅沢に食べて、夕方は北海道の祖父母とスカイプで元気な姿を見せ、夜はバースディケーキ15号を1/2カットも食べた。
1日中ハイテンションで幸せそうだった。
わたしは夜にはぐったりで、息子といっしょに寝てしまい、結婚12年の祝宴はできなかった。ごめんよう。

4歳になった息子の近況メモ。
身長101cm、体重14.5kgくらい。ちょっとほっそり。
やはりようしゃべる。たまに敬語も使う。親に説教もする。
「かあちゃん、お人形多すぎでしょ! 今度、買う時はどれかバイバイしなきゃダメだよ!」
って引き出し開けて言われた…orz。

好きなものが仮面ライダー鎧武と、キョウリュウジャーと、カーズ。
「ちんちーん! おしっこー!」など、子どもの下ネタを嬉々として言うようになった。
ああ、男子。
まあ、わがまま暴れん坊なのはウチだけで、園ではおっとりマイペースにやっているよう。


↓Amazonで買いました。心配したけど、楽しく遊んでます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.05.06

3年ぶりの花見。

移住してきて最初の桜の季節。
記録的な豪雪の後は、記録的な開花の遅さらしく。
GW最終日の今日でもまだ満開の手前でした。

桜

3年前にはスリングやおんぶ紐を駆使して歩いていた公園も、今は3歳の息子にアイスクリンをねだられながらいっしょに歩く。

桜の下でアイスクリン

なお、かあちゃんにはわけてくれなかった。ケチー!

5/4、5とわたしがおなかを壊して伏せっていたが、どうにか最終日には復活し、散歩に行けた。
今回は家族共倒れにならずに何より。

3年前の写真と見比べて、あの頃はぷくぷくの赤ちゃんで、お座りもできなかったのになぁ、と感慨深く。
ここでは桜を見る季節のたびに、年輪を重ねていくような。
また3年後に来る頃には息子も小学生。どうなっているのかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.25

3歳。

息子、ついに3歳になりました。石の上にも三年。
毎年11月にはRSウイルスにつかまってひどい目にあってきましたが、今年は引越という大イベントにもかかわらず、健康に過ごしている。
どうかこのまま今月末まで逃げ切ってくれますように。…手続きの都合で、乳幼児の医療助成受けられるのがが12月からになっているとかなんとか。ごにょごにょ。

とは言え、母子でひきこもっているわけはなく、雪がちらつく街を散歩したり、バスに乗ったり、たまには車で出かけたり。

先日は、パステルアートの体験ワークショップにも参加。
わたしがやりたかったのだけど、もちろん息子もやりたがり、2人でお絵かきとなった。
1121art

できあがった作品は居間に掲示中。
1121pict


3歳の誕生日はやしちの実家にて、前夜にお祝い会をしていただいた。
1年前には想像していなかった光景だが、たしかにここにいる。

続きを読む "3歳。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012.08.25

2歳9ヵ月、ベビー⇒キッズへ。

息子の2歳期もあと3ヵ月。

最近計っていないが、身長はたぶん90cmを超え、新しく買う服は95cmや100cmのキッズ服サイズになってきた。

今月になって、もう紙パンツをすることもなくなり、トレパンか普通のパンツを履いている。
オシッコの方もようやっと自発的にトイレに行くようになった。……と言いたいが、かなりこちらが誘っている結果かも。
夏場で汗をかくからか、大人が心配するくらいトイレ回数が少ないので、外出先ではやきもき。誘い過ぎてへそを曲げられたりもしばしばだ。

しゃべりも日に日に上達して、
「~だから、~しない」
「~とか、~とか」
「~したら、~いく」
など、論理の入った文章をしゃべるようになってきた。
このへん、昔ラジオで聞いていた基礎英語のテキストを思い出したりする。

先日、ダンナが休みの日に、息子とプールリゾート施設ガトーキングダムに遊びに行ってきた。わたしは仕事だ。
先月も男2人で行ってきたので、すっかりプール=父ちゃんになったようで、
「いいなー、カーチャンも行きたーい」
と言ったら、
「ダメー、おとなはプールできないー」
と言われた。父ちゃんは大人じゃないのか。

なお、別の日、保育園からの帰り道に
「カーチャンはプリキュアならない。おおきすぎるもん」
とも言われた。それは、年のことなのか、体のことなのか。
ちなみに息子は緑のプリキュア推しらしい。

魔の2歳児っぷりは、なかなかに、微笑ましい時もあれば、本気で憎たらしい時もある。
意地もあるので、そう簡単には懐柔されなくもなってきた。着地点探しがむつかしい。
でも、本人も和解したい時は、ものすごい勢いで話しをそらしたりして、プンスカしているわたしとの間の緊張感をなかったことにしようとする。

今年のお盆休みは、ダンナは単身津軽帰省、わたしと息子は2人暮らししたり、わたしの父方・母方両方の墓参りに行ってきた。
父方の本家の近くには、大きな公園があり、SLや、ちびっこ向け動物園などもある。
昔、夏休みに遊びに来ては、弟やいとこ達と走り回った公園だ。

0815

もちろん息子も大喜びでSLに登ったり、うさぎに草をやったりしていた。
30年前と同じ光景の中に自分の子どもが走っている、というのも感慨深い。こんな日が来るとはねぇ。
なお、着ている甚平は今年の手づくり品で、ついにロンパースからセパレートになった。

だんだん日が短くなり、夏の終わりを感じる季節。
自分を振り返ってみても2歳の頃の出来事は、ほとんど覚えていない。
だから、息子も忘れていくのだろうけど、少しでも多くの風景を、言葉のやりとりを、転げ回ってわらった感触を、たくさんの人に囲まれていたことを、魂のどこかにのこしてくれたら、なんてことを思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.07.07

円山動物園ふたたび。

昨年の7月、円山動物園の年間パスポートを買った。過去記事
2回行けばプラスになるからすぐだろうーと思ってたら、そのまま期限切れ間近。
ということで、予定の無い家族の休日に出かけてきました。

0707zoo1

そう、今回はやしちもいっしょ。地味に動物園は歩くことが多く、名前の通り山なので、こうして担いだりしてくれると助かるわー。

オランウータンのハヤト君も、息子同様に1年間で成長した姿を見せてくれた。

0707zoo2


昨年は行かなかった爬虫類館も見てきた。亀やヘビ、カエルなどがいっぱい。

0707zoo3

「カメさん、なんさい?」
ゾウガメさんは200歳まで生きたりするそう。

言葉のやりとりができるようになったおかげで、関心の持ち方も1年前とはだいぶ違った。
子どもが動物をさわれるふれあいコーナーでも、羊やクジャクにおそるおそる手を伸ばしてみたり。

そして、今年も、しろくまはちゃんと連れて行きました。

0707zoo4

「ララちゃん、……チッチしてるわ」

| | コメント (0)

2012.03.23

2歳4ヵ月、いやいやえん。

“魔の2歳児”期もあっという間に1/3が過ぎた。
この間、言葉の習得っぷりがすさまじい。だんだん普通の会話らしきものが出来てきてる。
大人のすることは何でもしたい。よっぽどのことがないかぎりやらせてみているけれど、
 ・かにかまを裂く
 ・だいこんおろし
 ・卵かき混ぜ
 ・はさみでチョキン
 ・フライパンに具材を入れる
 ・洗濯機に洗濯物を入れる
 ・洗濯槽から脱水槽に移し替える
などは、とにかく手を出したがり、こちらが急いでいるから、危ないからと自分でやってしまうと、烈火のごとくお怒りになる。
先日は、保育園の帰りに靴カバーを履かせたのが気にくわなかったようで、それを脱ぎ捨てて
「ぽーい!」
と叫んで投げ捨て、
「あーあ、ぽいしちゃったー」
とさもにくらしげにのたまった。
これに対してカッチーン!とくるか、鷹揚にいなせるかは、はっきり言うとわたしのコンディションと状況次第である。
あ、人目があるかどうかもあるな。外面よくしたい性格なので。
息子もそれは似るようで、保育園ではほとんどトレパンを濡らさずに、ちゃんとトイレで用を足しているらしいが、家では誘っても来ないは、出ていても知らんぷりするはである。子は親の鏡とはよく言ったものだ。

「いや」「やだ」「しない」「いーの!」「いらない」「だめ」……否定形の言葉はまっさきに増えていく。
そりゃそうか、大人の言うなりにしているなら、わざわざしゃべる必要もないものな。
なんて、冷静に考えられるようなら、まだゆとりがあるわけで。
朝の登園&出勤時と、夕方のお迎え~夕飯作りまでは、修羅場としか言いようのない場面も多々有り。
マイナス気温の夜に、脱ぎ捨てられた長靴を靴下を片手に、泣きわめく息子をもう片手に抱えて、荷物と買い物袋を肩に担いでアパートの階段を上る、とかさぁ。
子どもと暮らすようになって、あらためて自分の未熟さやクセに気付いたりする日々。

でも、少し楽になってきたかも、と思う場面もある。
抱き下ろしても自分で立てる。
お風呂に入っても、立って浴槽で遊んでられる。
気に入ったテレビ(録画)見せておけば、支度ができる(時もある)。
靴や帽子が脱げ落ちたら知らせてくれる。

まあ、それだけ?ということなのだけど。
0歳児のお世話(当時は育児なんて言葉に思えなかった)と、再開したバイトと家事にキリキリ舞いしていた2年前に比べれば。
だから、色々とそろそろ再開しようかとか、ちょっと前に進んでみようか、とか欲が出てきてる今日この頃。

↓息子が撮った写真。トミカと足。
0323minicar


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.12.01

もう2年、たった10年。

今年の11月23日は家族で無事に迎えることができた。
息子の誕生日とわたしたちの結婚記念日。
昨年のこの時期はRS~肺炎~入院の連続コンボ発動中だったので、11月に入ってから体調管理にはずいぶん気を使った。
……つもりだが、休日もなんだかんだ予定を入れていたので、そうは言えなかったのかも。
第一週あたりから風邪をひいて、またもRS→うっすら肺炎という診断で1週間休みにはなった。
でも、入院したりすることはなく、自宅静養も「静かに養えたまえよ?!」と言いたくなるくらい元気にしていた。
このへんの体力の付き方が1年前と違うのか、同じウイルスだからちょっとは抵抗力が上がっていたのか。

ともあれ、2歳の誕生日と10回目の結婚記念日は家族3人で過ごせたのだった。

20111123

「タカーイ、オッキーイ!!」

サッポロファクトリーの煙突に登る巨大サンタに喜ぶ息子の図。

続きを読む "もう2年、たった10年。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧